2015年02月14日

『痛み』は“志”で治る!


a1180_013915_m.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)


今回の記事は、
以前に『Feuno』メルマガで配信したものに
加筆したものです。






以前の記事
で、
「竹田和平」さんを
ご紹介させて頂きました。





「竹田和平」さんは、
「タマゴボーロ」で有名な
竹田製菓の代表取締役で、
104社の上場企業の大株主でもあります。


これは個人が大株主となっている上場企業数で、
国内一位の数字です。


また、
日本の未来を担う人材育成のため、
自身の経験や財産を人材投資という形で
社会還元しています。
(Wikipediaより)





「竹田和平」さんは、
今月で82歳になられます。


昨年、
奥様が亡くなられて、
急に生きる張り合いが
なくなってしまったそうです。


そして、
体調を崩し、
腎臓を病んでしまったそうです。





医師からは、
人工透析を始めないと、
仕事ができなくなり
近いうちに死を迎えると
言われたそうです。


そして、
入院して人工透析を受けました。





そのとき、
「このような自分に
 何かできることはないか?」と、
ふと思い立ったそうです。


そして、
天から使命が舞い降りてきたかように
「財成破綻寸前の日本を
 何とかしよう!」と、
志を立てられました。





すると、
入院中に、
腎臓の病が改善し、
人工透析が
不要となってしまったそうです!





まさに
「病は気から」を
体現されたのです!





この言葉を
もっと具体的にすると、
「病は志で治る」
です。





長引く『痛み』も
病の一つです。





「『痛み』は志で治る」





このような現象は、
大いにあると思います。





長引く『痛み』にお困りのみなさま、
この出来事を、
是非参考にして頂けたらと思います!!
(^^)/





Feuno-logo-finish-small.jpg
股関節痛、腰痛、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年06月18日

「心」と「体」の関係


2015614 nasu_6491.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





6月14日(日)、
「ヒトの動きから考える腰痛」という、
理学療法士の先生による勉強会の
お手伝いをさせて頂きました。





2015614 nasu_6533.jpg



内容は、
ヒトの動き、
例えば、
寝返りや起き上がり、
立ち上がりや歩き方をみて、
何が腰痛の原因かを
見極めていくものでした。





その中で、

「動かなければ、感じ取れない」

「感じ取れなければ、動けない」

というお話がありました。





例えば、
手に持っているコップを
テーブルの上に
ゆっくり置こうとしているときを
考えてみましょう。


コップが目的の位置に置かれるまでの間、
その瞬間瞬間で、
コップを動かす速さや方向を
調節しないといけません。


調節するためには、
コップが動いている速さや方向を
把握していないと(感じていないと)
いけません。





その感じるべき速さや方向は、
コップを実際に動かさなければ
分かりません。


これが、
「動かなければ、感じ取れない」
ということです。





また、
コップをどのように動かせば良いかは、
コップが動いている速さや方向を
感じていないと、
分かりません。


これが、
「感じ取れなければ、動けない」
ということです。





つまり、
「動き」と「感覚」は、
「1セット」ということです。


切っても切り離せない
関係なのです。





これと同じようなことが
他にもあります。





それは、

「心が動けば、体が動く」

「体が動けば、心が動く」

ということです。





つまり、
「心」と「体」は、
「1セット」ということです。





「体を軽くしたかったら、
 心を動かしましょう。」


「心を軽くしたかったら、
 体を動かしましょう。」





これは、
良く言われていることですが、
私の経験からも
「真実」だと思います。


このようなことは、
様々な学術研究でも
報告されています。





『痛み』は、
「心」と密接に関係しています。


『痛み』を軽くするために、
体を動かすことは、
意外と効果があります。


少し意識して
活動的な生活を送ることも、
『痛み』改善には
効果があると思いますよ〜!
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年07月07日

「七夕」と『痛み』


a1380_000362_m.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)


今回の記事は、
今朝『Feuno』メルマガで配信したものです。





今日は「七夕」ですね。





「七夕」では、
「願い事」を書いた短冊を笹につけて、
その「願い事」を
星に願ったりします。





「七夕」は、
もともと、
子供の成長を願う
「節句」の一つだそうです。


「桃の節句」や
「端午の節句」と
同じ行事なのだそうです。


ですので、
「願い事」は、
習い事の上達や発展などを
お願いすることが
始まりだったそうです。
(参考資料:
 七夕について知ろう七夕飾りの方法や気になる由来





現代では、
様々な「願い事」を短冊に書いて
お願いしています。





a1380_000364_m.jpg



さて、
この短冊に書いた「願い事」、
みなさまは
叶うと思うでしょうか??





私は、
叶うと思います。


願う強さが
強ければ強いほど、
叶う可能性は
どんどん高くなると思います。





私たちの「意識」は、
その「願い」に導かれ、
「行動」に変わります。


「願い」が強いほど、
「行動」が変わります。





そしていつの間にか、
どんどん変わっていった「行動」により、
「願い」が叶います。





a0002_000313_m.jpg



『痛み』にお困りのみなさま、
ご自身の「幸せ」を
強く願いましょう。


ご自身が幸せとなる「願い事」を
強く願いましょう。





そうすれば、
どんどん『痛み』から
解放されていくと思います。
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年07月14日

長引く『痛み』と「心理」〜NHKスペシャル〜


xf0385020228l.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





一昨日、
7月12日(日)の夜9時、
NHK総合テレビで、
「NHKスペシャル
 腰痛・治療革命
 〜見えてきた痛みのメカニズム〜」
という番組が放送されました。


ご覧になった方は
いらっしゃいますでしょうか??





この番組では、
長引く腰痛の原因と対策について、
「最新の情報」ということで、
「脳」に関することが
紹介されていました。





長引く腰痛の原因は、
「腰」ではなく
「脳」にあり、
それへの対策をすると、
腰痛が劇的に改善する
ということでした。





その対策とは、
腰痛の不安を解消する映像を見たり、
腰痛が出そうな動きをしても
痛みが出ないことを
確認したりするものです。





これらは全て、
心理的な治療です。


極端な言い方をすれば、
「病は気から」と同じように、
「腰痛は気から」
ということです。





そう、
『痛み』は、
「心理」が
大きく関わっているのです。





このことは、
腰痛だけでなく、
股関節や膝の『痛み』、
他のあらゆる『痛み』でも
同じです。





「心」の働きは、
意外なほど強力です。


あなどってはいけません。





長引く『痛み』にお困りのみなさま、
自分の「心」も
治療対象になるということを、
是非知っておいてください!





この番組の再放送が、
今日の深夜0時10分
(7月15日(水)午前0時10分)
からあります。


番組ホームページはこちら↓
http://www.nhk.or.jp/kenko/nspyotsu/





ご都合のよろしい方は、
是非ご覧になって下さいね!
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら
写真提供:ペイレスイメージズ

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年07月18日

心理的な『痛み』の留意点


xf1475017067l.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





7月14日の記事では、
NHKの番組で紹介されていたように、
「心」が『痛み』と
大きく関わっていると
お伝えしました。


ただ、
この番組を観ると、
長引く『痛み』の原因が、
全て「心」にあるという印象を
受けてしまうかもしれません。





心理的な問題がなくなれば、
全ての『痛み』がなくなるとは、
思わないで下さい。


心理的な問題は、
『痛み』の原因の一つ
ということです。





ですので、
この番組で紹介されている方法を実践して
『痛み』が改善しなくても、
落ち込む必要はありません。





『痛み』は、
基本的に、
体のどこかに
異変が起こっているから
感じるものです。


『痛み』は、
体の異変を知らせる
サインです。





ですので、
『痛み』が出たら、
まずは、
体の異変に
目を向けましょう。


『痛み』が出て、
真っ先に、
「心理的な問題が起こっている」とは、
思わないようにしましょう。





整理しますと、
『痛み』は、
基本的に
体の異変が原因で生じ、
心理的な問題が
『痛み』を増減させる
ということです。


是非このことを念頭に、
『痛み』解決に
取り組んでいきましょう!
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら
写真提供:ペイレスイメージズ

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年07月19日

「勝」を求める世界


kodomo_kenka.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)


今回の記事は、
以前に『Feuno』メルマガで配信したものに
加筆したものです。





先日、
とても心に残るお話を
聞きました。


「勝(かつ)」より
「活(かつ)」で
生きましょう
というお話です。





私たち日本人の多くは、
子どものころから、
「勝」ことを
求められてきたと
思います。


入学試験や
学校のテストや
部活動や
就職試験や
社内競争や
商売相手との競争など。





「勝」がある
ということは、
「負け」もある
ということです。





「勝」と幸せですが、
「負け」ると不快です。


自分が「勝」ために、
相手の「負け」を
願うようになります。





つまり、
「勝」を求める世界では、
全員が幸せにはなれません。


必ず誰かが
不幸になります。





そして、
その誰かの不幸を
願う世界なのです。





そして、
自分が「負け」るときが、
必ずやって来ます。





このような
「勝」を求める世界では、
心理的なストレスが
とても大きくなります。





『痛み』は、
心理的なストレスでも
強くなったり
長引いたりします。


つまり、
「勝」を求める世界にいると、
『痛み』が出やすくなるのです。





では、
『痛み』を改善させるためにも
「勝」を求める世界から抜け出すには、
どうしたら良いでしょうか??





みなさまも是非
考えてみて下さい。
(^^)/





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年07月20日

「活」で生きる


dance_girl.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)


今回の記事は、
以前に『Feuno』メルマガで配信したものに
加筆したものです。





今日の記事は、
昨日の続きです。





『痛み』を改善させるためにも
「勝」を求める世界から抜け出すには、
どうしたら良いでしょうか??





それは、
「活」の世界で
生きれば良いのです。





「活」の世界とは、
自分を
「イキイキ」させる世界です。


相手とは関係なく、
自分を
「イキイキ」させるのです。





言い換えると、
自分を
「楽しむ」のです。


「楽しく」している人、
「イキイキ」している人には、
誰もかないません。





大金持ちで
辛そうにしている人と、
お金持ちではないけど
楽しそうにしている人とでは、
どちらになりたいですか??


偉くなって
気難しそうな顔をしている人と、
偉くないけど
楽しそうにしている人とでは、
どちらになりたいですか??





「勝」を求める世界は、
必ず相手がいます。


つまり、
相手を気にする世界です。





「活」の世界は、
相手がいません。


つまり、
自分に集中できる世界です。





みなさま、
自分の「幸せ」に
集中できていますか??






周りの人は置いておいて、
自分の「幸せ」を
願うようにしましょう。





まずは、
「幸せ」を感じられる
楽しいことを
たくさんしましょう。


そして、
それをきっかけに、
自分を
どんなことでも楽しめる人に
進化させましょう。





どんなことでも
楽しめるようになった自分は、
自然と四六時中ずっと
「イキイキ」していきます。


そうなると、
完全に「活」の世界に入り、
「勝」を求める世界から
抜け出せます。





「活」の世界では、
心理的ストレスがないため、
『痛み』は出にくくなります。


『痛み』にお困りのみなさま、
以上のように、
「勝」より「活」で生きることを
おススメします!

(^^)/





ちなみに、
「「自分に勝」なら
 相手がいないから良いのでは?」
とは思わないで下さいね。


自分に勝とうとすることも、
わざわざ自分の中に相手を作って、
それと競争することですから、
心理的ストレスは
強くなります。





したがって、
「自分に勝」も
『痛み』を増強させますので、
おススメしません〜。





昨日、今日の記事のお話は、
チアリードエンジェル株式会社の
「千葉修司」さんメルマガを
基にしています。


千葉さんのメルマガは、
心が軽くなるお話が
たくさん載っています。


ご興味のある方は、
ご覧になっては
いかがでしょうか??


下記アドレスに
空メールを送ると
無料で登録されます。

s-c@304205.r.just.st





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年07月26日

人生の目的と目標


xf0745006768l.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)


今回の記事は、
以前に『Feuno』メルマガで配信したものに
加筆したものです。





みなさま、
こんなことは
ないでしょうか??





「なんだか最近
 うまくいかないな〜」


「何をしていても
 あまり楽しくないな〜」





こんなときは、
『痛み』も
出やすいものです。





実は数週間前の私は、
こんな感じでした。





こんなときは、
自分の人生や生活を
見つめ直すときなのではと
思っています。





そこで私は、
「人生の目標」を
改めて考えてみることにしました。


人生は、
「目的」と
「目標」と
それらを叶える「手段」がそろえば、
上手くいくそうです。






私には、
「人生の目的」は、
すでに心に刻まれています。


それは片時も
私から離れません。


いつでも
口に出して言えます。





私の「人生の目的」は、

「多くの方を幸せに導き、
 私自身幸せになること」


です。





この「人生の目的」は、
一生変わらないもの、
変わってはいけないものです。


これが変わったりしてしまうと、
自分や人生がぶれてしまい、
心が安定しません。






一方、
「人生の目標」は、
変わっても良いもの、
変えても良いものです。





例えば、
「人生の目的」を叶えるために
「人生の目標」を「歌手になる」と決めていても、
一生声が出なくなってしまった場合は、
どうしたら良いでしょうか?


このようなときは、
「人生の目標」を
変えるしかありません。





「人生の目標」は、
自分に合わなくなったら、
変えていくものです。






ということで、
調子が悪くなってきた私は、
「人生の目標」を、
改めて考えてみました。
(^^)/





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら
写真提供:ペイレスイメージズ

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年07月27日

「人生の目標」で生まれ変わろう!


xf0745006687l.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)


今回の記事は、
以前に『Feuno』メルマガで配信したものに
加筆したものです。





昨日の記事でお話ししたように、
調子が悪くなってきた私は、
「人生の目標」を、
改めて考えてみました。


そして、
今の自分にしっくりくる目標に
たどり着きました。





私の「人生の目標」は、

「人の評価を気にせず、
 無邪気になって、
 多くの方に喜ばれるサービスを提供し、
 世界中を明るくする」

です。
(^^)/





これは、
抽象度の高い目標ですが、
今の自分を元気にする言葉です。





【人の評価を気にせず】

これは、
自分を解放するための
言葉です。


人の目を気にするようになると、
自分で自分を
殺そうとしてしまいます。


そして、
殺されそうな自分を守るために、
人に反発し
人を攻撃するように
なってしまいます。


人の何気ない言葉でも、
自分が攻撃されているように
感じるようなってしまいます。


この言葉は、
そうならないための
「おまじない」のようなものです。





【無邪気になって】

これは、
自分を輝かせるための
言葉です。


「無邪気」とは、
悪気やひねくれた気持ちがなく、
素直な様の意味です。


つまり、
「自分らしく
 ありのままでいる」
ということです。


人は、
純粋に自分らしくいるときが、
最も輝くと思います。


輝きは、
他の人に、
良いエネルギーを与えます。


人を元気にさせます。


この言葉は、
自分を輝かせるための
言葉です。





【多くの方に喜ばれるサービスを提供し】

これは、
現代の社会的な人間として
自分を「本気」にさせるための
言葉です。


サービスを提供するとは、
事業を展開していくことです。


私は、
健康関連の事業を行っていますが、
その事業を通して
多くの方に喜んで頂き、
その対価として得た収入で
多額の納税をしたり、
医療費の削減に貢献し、
社会に恩返しをしていきます。


ボランティアではなく
事業ですので、
自分の生活を賭けるという意味で、
「本気」になります。


「本気」で
人の役に立つことをする
ということです。





【世界中を明るくする】

これは、
自分の「使命」を
忘れさせないようするための
言葉です。


私の「使命」は、
多くの方を幸せにすることです。


この言葉は、
その「使命」を、
シンプルに表現した
言葉です。





改めて言います。





私の「人生の目標」は、

「人の評価を気にせず、
 無邪気になって、
 多くの方に喜ばれるサービスを提供し、
 世界中を明るくする」

です。





実は、
私の「人生の目標」を、
はっきり言葉にしたのは、
今回が初めてでした。


これまでは、
漠然と頭の中で
思い浮かべていただけでした。





「人生の目標」を
はっきり言葉にして
数日が経ちましたが、
その効果はてきめんです!!





とても心が軽くなり、
気分が楽になりました♪



生まれ変わった感じがします。
(^^)/





最初は、
慣れない新しい自分で行動することに
不安を感じていましたが。。。
(^_^;)





みなさま、
「何だか生きづらいな〜」と
感じていらっしゃいましたら、
「人生の目的と目標」を
一度しっかり考えて、
言葉にしてみては
いかがでしょうか??


きっと良い効果が得られると
思いますよ!

(^o^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら
写真提供:ペイレスイメージズ

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年07月28日

「続ける」ための「動機」


11222017_1620804758197097_3494105916183931974_n.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





みなさま、
「一つのことを続ける」ことは
得意でしょうか??





苦手でしょうか??





何かを達成するには、
「続ける」ことが、
とても大切です。


良い姿勢や歩き方を
身につけるにも、
その練習を「続ける」ことが、
大きな鍵を握っています。






7月25日の土曜日、
理学療法士であり、
コーチングの先生でもある、
鯨岡先生(写真)の講演を
聞いてきました。


コーチングとは、
人材開発の技法の1つで、
対話によって
相手の自己実現や目標達成を
図る技術とのことです。


相手の話をよく聴き(傾聴)、
感じたことを伝えて承認し、
質問することで、
自発的な行動を促す、
コミュニケーション技法です。
(Wikipedia)


今日は、
鯨岡先生のお話を参考に、
「続ける」ということについて、
お話していきます。





鯨岡先生は、
「「続ける」ということが、
 多くの人にとって難しい」
と話されていました。





「続ける」ために必要なものは、
それを行う「強力な動機」です。





「動機」とは、
人が心を決めたり、
行動を起こしたりする、
直接の原因のことです。


「動機」は、
「モチベーション」とも
言われます。





「続ける」ための
「動機」の強さには、
3段階あるそうです。





1段階目は「生理的動機」、
2段階目は「外発的動機」、
3段階目は「内発的動機」、
です。





「生理的動機」とは、
生命を維持し、
命を繋いでいくための、
元々生物に組み込まれている
動機です。


例えば、
飢え、睡眠、排泄、身体的損傷回復
などです。





「外発的動機」とは、
褒美や罰など、
外部からの刺激によって生じる
動機です。


いわゆる、
「アメとムチ」です。





「内発的動機」とは、
興味や好奇心など、
自分の内側からわき出る
動機です。


例えば、
「もっと知りたい」、
「創造したい」、
「世界を良くしたい」、
などの欲求です。





この3つの中で、
「続ける」ための最も強力な「動機」が、
「内発的動機」です。






では、
「内発的動機」を
生み出すには、
強化するには、
どうしたら良いでしょうか??
(^^)/





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年07月29日

「内発的動機」を強化するには


af0100038128l.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





今日の記事も、
理学療法士であり
コーチングの先生でもある
鯨岡先生の講演での内容を
お話します。





昨日は、
「続ける」ための最も強力な「動機」は、
「内発的動機」だとお話しました。


「内発的動機」とは、
興味や好奇心など、
自分の内側からわき出る
動機です。


例えば、
「もっと知りたい」、
「創造したい」、
「世界を良くしたい」、
などの欲求です。





では、
「内発的動機」を
生み出すには、
強化するには、
どうしたら良いでしょうか??


鯨岡先生によると、
主に次のことをすれば
良いとのことでした。





1.大きな理由を持つ

2.未来の姿から逆算する

3.「行動する」感情を作る

4.主体的になる

5.自分に対して良い質問をする





【1.大きな理由を持つ】

これは、
行動しなければならない、
止むに止まれぬ理由を
持つということです。





【2.未来の姿から逆算する】

これは、
達成したいことが実現したら、
それがどんな「夢」に繋がるか
イメージすることです。





【3.「行動する」感情を作る】

行動するということは、
その背景に
必ず何らかの「感情」が
あります。


ある行動をするとき、
「楽しい」とか、
「嬉しい」などの
「感情」が生まれると、
その行動を
またしたくなりますよね??


その「感情」を
意図的に作る
ということです。





【4.主体的になる】

「自分から」という主体性は、
もの凄いエネルギーを生みます。


そのように
自分を「仕向ける」
ということです。





【5.自分に対して良い質問をする】

達成したいことに
取り組む前や
取り組んでいるときに、
自分に次の質問を投げかけると、
行動力が瞬時に高まります。


「それに取り組む価値は
 あるだろうか??」


一方、
次のような質問すると
行動力が弱まってしまいます。


「私にはそれをする自信が
 あるだろうか??」


このように、
自分に対して、
行動力が高まる質問をする
ということです。





以上のことによって、
「続ける」力を高めることが
できるそうです。


そして、
目標が達成しやすく
なります。





明日は、

3.「行動する」感情を作る

5.自分に対して良い質問をする

について、
もう少し詳しくお話したいと
思います。


お楽しみに!
(^^)/





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら
写真提供:ペイレスイメージズ

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年07月30日

「行動する感情」と「良い質問」


af9920037535l.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





今日の記事も、
理学療法士でもあり
コーチングの先生でもある
鯨岡先生の講演での内容を
お話します。





今日は、
昨日お話した、
3.「行動する」感情を作る
5.自分に対して良い質問をする
について、
もう少し詳しくお話したいと
思います。





【3.「行動する」感情を作る】

「行動する」ときは、
その行動を引き起こす
何らかの「感情」が
必ずあります。


その「感情」を、
行動したくなるように
変化させることができれば、
その行動を「続ける」ことが
しやすくなります。





鯨岡先生によると、
「感情は
 自分で
 選択することができる!」
そうです。


行動したくなる「感情」には、
「楽しい」、
「嬉しい」、
「幸せ」、
などが挙げられます。


自分の「感情」を、
これらの「感情」に
変化させるコツとしては、
次のようなものがあります。





・自分がコントロールできないことに
 一喜一憂しない


 例えば、
 「過去のこと」や
 「天気」のようなことです。





・物事には必ず
 「良い側面」が隠されていることを知り、
 物事を自分にとって
 「プラス」となるような解釈をする


 例えば、
 上司にきつく怒られたとき、
 「自分が成長できるチャンスを得た」
 という側面があることを知り、
 「上司は自分に
  大きな期待をしてくれている」
 と解釈するようなことです。





・ネガティブな「感情」になるようなことは
 できるだけ避ける


 例えば、
 自分が嫉妬してしまうような情報が
 目に入らないように工夫するために、
 FacebookなどのSNSで、
 そのような情報が表示されないように
 設定を変更するようなことです。





これらのようにして、
行動したくなる「感情」を
自ら選択することで、
「続ける」ことが
しやすくなります。


つまり、
「続ける」ために
良い状態を自ら作る
ということです。





【5.自分に対して良い質問をする】

昨日は、
行動力が瞬時に高まる質問として、
「それに取り組む価値はあるだろうか??」、
行動力が弱まる質問として、
「私にはそれをする自信があるだろうか??」
をご紹介しました。


自分に対する質問や言葉使いは、
「行動力」だけでなく、
「人生」をも変えていきます。


鯨岡先生が紹介されていた
それらの質問や言葉使いを
以下にご紹介します。





『うまくいく人の質問、言葉使い』

 ・私が今できることは何だろう?

 ・原因は何かな?

 ・そもそも自分はどうなったら理想なんだろう?

 ・私が提供できる価値って何だろう?

 ・今日はどんな貢献をしていこうかな

 ・今日は何を楽しもう?

 ・どうしたら○○さんは喜ぶかな

 ・とりあえず、やってみるか!

 ・キてる!





『うまくいかない人の質問、言葉使い』

 ・なぜいつもこうなんだろう?

 ・またか、、、

 ・どうして自分なんかが、、、

 ・やったことがないんで、、、

 ・あーあ、何か面白いことはないかな〜?

 ・あの人と比べて、自分は、、、

 ・一体どうしたらいいんだろう、、、

 ・私で大丈夫だろうか、、、

 ・面倒、無理、疲れた





いかがでしょうか??


行動を「続ける」ためにも、
人生を良くするためにも、
うまくいく質問や言葉使いをして、
うまくいかない質問や言葉使いを止めることを、
おススメします。





以上で、
3日に渡ってお伝えしてきた
「続ける」ことについてのお話を
終わりにしたいと思います。


お伝えした様々な「続ける」コツを
是非ご活用して頂き、
良い姿勢や歩き方を
しっかり身につけて下さい〜!
(^o^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら
写真提供:ペイレスイメージズ

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年07月31日

「ストレス」に対する「トリック」


af9980010973l.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





「ストレス」が『痛み』を増強することは、
科学的にも明らかになっています。


ですので、
『痛み』を解決しやすくするには、
「ストレス」がない方が
良いと言えます。





では、
どうしたら
「ストレス」をなくすことが
できるのでしょうか??


そのための工夫を
ご紹介します。





それは、

「ストレスは、
 多少はあるのが
 普通だ」


と捉えることです。





「ストレス」はない方が良いのですが、

「ストレスがあってはいけない」

と思ってしまうと、
それが逆に「ストレス」になっていることが
よくあります。





このような逆転の発想でも、
「ストレス」を軽減することができ、
『痛み』を解決の方向へ
向かわせることができます。


これは、
他のことでも応用できます。





例えば、

「『痛み』は、
 多少あることが普通だ」

「挫折は、
 多少あることが普通だ」

「疲れは、
 多少あることが普通だ」

など。





ただし、
この捉え方は、
「諦める」ということでは、
ありません。


気持ちを前向きにするための
「トリック」です。





あえて、
「負のもの」があるのが
当たり前としておいて、
「負のもの」が
気にならないようするための
捉え方
です。





「ストレス」があることが
「ストレス」になっている方、
是非この「トリック」を
取り入れてみて下さいね!
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら
写真提供:ペイレスイメージズ

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年08月11日

悪口を言われたら・・・


nigaoe_buddha.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)


今回の記事は、
以前に『Feuno』メルマガで配信したものに
加筆したものです。





人から悪口を言われることは
ありますか??


多くの人は、
年に1回は
あるのではないでしょうか。





悪口を言われたら、
どうしますか??





怒って悪口を
言い返しますか??


何か
仕返しをしますか??





先日、
このことについて
ためになるお話を知りました。


お釈迦様のお話です。


次のような内容です。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

みんなに尊敬されている
お釈迦様に、
ある男が嫉妬していました。





男は、
お釈迦様の人気を落とそうと、
お釈迦様に向かって
悪口を言う作戦を
立てました。





男は
こう考えていました。





「悪口を言われたお釈迦様は、
 きっと汚い言葉で
 言い返してくるから、
 みんながその様子を見たら、
 お釈迦様の人気は
 あっと言う間に
 崩れるに違いない」





そして、
男は
お釈迦様の目の前に立ちはだかり、
お釈迦様に
酷い悪口をぶつけました。





お釈迦様は
何も言い返さず、
黙って悪口を
聞いていました。





一方的に
悪口を言い続けていた男は、
しばらくして、
その場にへたり込んで
しまいました。





どんなに悪口を言っても、
お釈迦様が何も言い返さないので、
男は虚しくなっていきました。





お釈迦様は
その様子を見て、
男にたずねました。





「贈り物をしたとき、
 相手がその贈り物を
 受け取らなかったら、
 その贈り物は
 誰のものだろう??」





男は答えました。





「そりゃ、
 相手が受け取らなかったら、
 その贈り物は
 贈った人のものに決まってる。
 分かりきったことを言うな!!」





男はそう言った後、
「あっ!」と気づきました。





お釈迦様は続けて言いました。





「その通り。
 今、あなたは私に、
 酷い悪口をぶつけてきた。
 でも、私は、
 その悪口を
 全く受け取らなかった。


 だから、
 あなたが言った悪口は、
 全てあなたが受け取ることに
 なるんだよ。」


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


このお釈迦様のお話し、
いかがでしたか??


このお話は、
次のサイトで知りました。
「お釈迦様は自分の悪口を言われてどうしたか?」





人に悪口を言われると、
腹が立って
ストレスが溜まると思います。





それが
長引く『痛み』に
つながることもあります。





人に悪口を言われたら、
お釈迦様のように、
受け取らないようするのも
良い方法だと思います。





そうすることで、
悪口を言っている相手が
どんどん苦しんでいくことを
イメージしましょう。





すると、
相手をみじめに思えるようになり、
自分へのストレスは、
あまり感じなくなっていくと思います。





是非
試してみて下さいね!
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年08月18日

人と比べては、ダメ!


a0001_016475_m.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)


今回の記事は、
以前に『Feuno』メルマガで配信したものに
加筆したものです。





『痛み』は、
心の状態に
大きく影響を受けます。





「苦しみ」は、
『痛み』を強くします。





また、
『痛み』は、
「苦しみ」を強くします。





心の状態が悪いと、
「痛みの悪循環」に
陥りやすいです。





私たちの中には、
心の状態が
悪くなりやすい方が
いらっしゃいます。





心の状態が
悪くなりやすい方は、
どのような人でしょうか??





それは、
「人と比べてしまう」人です。





「何で自分だけが・・・」
と感じてしまう人です。





そのような「癖」が
身に染み込んでしまっている人です。





なぜそのような「癖」が
できてしまったのかは、
それぞれ理由があると思います。





もし
そのような「癖」をお持ちなら、
一刻も早く
その「癖」を直すことを
おススメします。





まずは、
「癖」ができてしまった
理由の追及は
おいておきましょう。





そして、
次のことを
強く心に
刻んで下さい。





1.「私は私、人は人」





2.「人も私が思っている以上に悩んでいる」






人と比べることで
自分の価値や幸せを
決めないようにしましょう。





人が自分の人生を
保障してくれているわけでは
ありません。





自分の人生を保障できるのは、
自分自身だけです。





上手くいっている人でも、
その陰では、
多くの「悩み」や「苦しみ」を
抱えていたりします。





それは、
自分が抱えている
「悩み」や「苦しみ」よりも、
遥かに大きいものかもしれません。





みなさま、
是非
自分の人生に
集中して下さい。





自分自身に
集中して下さい。





自分の幸せに
集中して下さい。





そして、
心の状態を良くして、
「痛みの悪循環」から
逃れましょう!!
(^^)/





今回の記事は、
アクティブ・ブレイン協会の
小田全宏先生が書かれた本も
参考にしています。





まだ半分ほどしか読んでいませんが、
“心が軽くなる”
とても良いことが
書かれています。


よろしければ、
是非読んでみて下さい〜
おススメです!
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年08月19日

「失敗」とは、何でしょうか??


a0002_010304_m.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)


今回の記事は、
以前に『Feuno』メルマガで配信したものに
加筆したものです。





『痛み』は、
心の状態に
大きく影響を受けます。





ネガティブな心は、
『痛み』を強めます。





そのような心になってしまう
きっかけの一つに、
「失敗」があります。





みなさま、
「失敗」とは、
何でしょうか??





「失敗」とは、

会社が倒産したこと?

リストラされたこと?

希望の大学に入れなかったこと?

離婚したこと?

失恋したこと?

株で大損したこと?

ギャンブルで大損したこと?

試合で負けたこと?





私はこう思います。





「失敗とは、
 後悔すること」






自分が行ったことを
「後悔」することそのものが、
「失敗」だと思います。





「失敗」=「後悔」
ですので、
「失敗」したくなければ、
「後悔」しなければ良いのです。





そして、
「後悔」するかしないかは、
自分で選べるのです。






「後悔」するかしないかは、
起こった事実や現象を
どう捉えるかで決まります。





では、
「後悔」しないためには、
起こった事実や現象を、
どう捉えれば
良いでしょうか??





次のように
捉えれば良いと思います。





「また一つ学んだ。
 この学びは、
 いつか自分の力になる」






このように捉えれば、
「後悔」はなくなり、
自ずと
「失敗」はなくなります。
(^^)/





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年08月20日

自分が選んだものは全て正解


a0002_007722_m.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)


今回の記事は、
以前に『Feuno』メルマガで配信したものに
加筆したものです。





『痛み』は、
心の状態に
大きく影響を受けます。





ネガティブな心は、
『痛み』を強めます。





昨日の記事では、
「失敗」は
心をネガティブにさせ、
「失敗」=「後悔」
とお話ししました。





つまり、
「後悔」は
『痛み』を強める
ということです。





さて、
良く「後悔」してしまう場面の一つに、
「選択」があります。






「こっちの服を
 買っておけば良かった・・・」





「こっちのランチセットを
 食べれば良かった・・・」





「こっちの学校に
 進学しておけば良かった・・・」





「こっちの会社に
 就職すれば良かった・・・」





「あの人と
 付き合えば良かった・・・」





「あの人と
 結婚すれば良かった・・・」





「こっちの家を
 買えば良かった・・・」





など。





昨日お話したように、
これらの「後悔」も、
その事実をどう捉えるかで
「後悔」ではなくなります。





「また一つ学んだ。
 この学びは、
 いつか自分の力になる」






こう捉えることで、
「後悔」ではなくなります。





ということは、
自分がどんな「選択」をしようとも、
捉え方を工夫すれば、
その「選択」は間違っていない、
全て正しい、
ということになります。





「自分が選んだものは全て正解」





こう捉えましょう。





そうすることで、
「後悔」はなくなり、
日々の生活が
活き活きとしてきます。





選ばなかったものに対して
心が引っ張られることもなくなり、
今の自分に
集中できるようになります。





「迷い」がなくなります。





「自分が選んだものは全て正解」





このように
心から
信じてしまいましょう。





そうすれば
「後悔」はなくなり、
『痛み』も楽になっていくと思います。
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年09月11日

活動的、健康的の恩恵


bed_making.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。

長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





つい最近まで、
勤務先の病院で、
76歳の女性のリハビリを
担当させて頂いていました。





この方は、
スーパーで足を滑らせて転倒し、
脚の付け根の骨を
折ってしまいました。





いわゆる
「大腿骨頚部骨折」
という骨折です。





手術が行われ、
「人工骨頭」という
人工の脚の付け根の骨を
入れることになりました。





この方、
手術してから
1週間ほどしか経っていないのに、
杖も使わず歩けてしまいました!





階段も上れてしまいました。





なぜここまで回復が早かったのでしょうか??





執刀医の腕が良かったことも
あるでしょう。





ただ、
私は、
この方の受傷前の生活が
とても良い影響を与えていると
思っています。





この方、
76歳でありながら、
しっかり体を使っているのです。





なんと、
ホテルで
ベッドメイキングの仕事を
しているのです。





ベッドメイキングは、
肉体的にハードな仕事だと
聞いています。





この方は毎日、
ホテルの1階から10階まで
階段で昇り降りしているそうです。





私はこの話を聞いて、

「この素晴らしい回復力は、
 ベッドメイキングの仕事の
 お陰なのだろうな〜」

と思いました。





私は、
この方に限らず、
受傷前に、
活動的に健康的に過ごしていらっしゃる方は、
回復が早い傾向にあると感じています。





そして、
見た目が若いです。





みなさま、
何歳になっても
活動的に健康的にしていると、
怪我をしたり病気になったとき、
その恩恵を
たっぷり頂くことができると思います。





苦しい思いや
辛い思いを、
他の人よりも
しなくて済むと思います。





私もこの方を見習って、
いつまでも
活動的に健康的に
過ごしていきます〜!!
(^^)/





みなさまも、
ご一緒にいかがですか??
(^o^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年09月12日

幸も不幸もないと思います


a1380_001139_m.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。

長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





昨日の記事「活動的、健康的の恩恵」でお話しした、
勤務先の病院でリハビリを担当させて頂いていた
76歳の女性の患者様ですが、
向上心がとても高く
前向きな方でした。





骨折をして
手術をして
入院をするという、
突然の不幸に
見舞われていながら、
次のように言われていました。





「これを機に、
 良い姿勢や歩き方を
 しっかり覚えて帰ります」





「普段は忙しくて
 のんびり考え事もできないけど、
 入院したお陰で
 頭の中を整理したり
 本も読めたりするから、
 これはこれで
 良かったと思います」





そして、
私がリハビリで指導させて頂いた内容を、
病室に戻ってから
ノートに書き留めていたそうです。





私は、

「凄いな〜
 素晴らしいな〜」

と深く感心させられました。





私は改めて思いました。





「目の前にある出来事そのものには、
 幸も不幸もない」





「目の前にある出来事を
 どう捉えるかで
 幸不幸が決まる」






この方は、
骨折して手術して入院という、
普通は「不幸」と思われるような出来事を、
逆に良い出来事として
捉えています。





この方はいつも
清々しく気持ちの良い表情を
されていました。





私も
この方のようでありたいと
思います。





みなさまは
いかがでしょうか??
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2015年09月23日

「健康」と「時間」が大切


af9980015270l.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。

長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





現在、
勤務先の病院で、
ある患者様のリハビリを
させて頂いています。





この方は、
80代の男性で、
大腿骨転子部骨折という
脚の付け根の骨折をされ、
手術のため入院しました。





実はこの方、
従業員が何千人もいる
大きな会社の創業者、
元社長さんです。





最近、
認知症の症状が
出始めたこともあって、
有料老人ホームで
暮らされています。





ご自身も
自分が認知症だということを
自覚されています。





この方は、
リハビリのたびに
必ずこうおっしゃいます。





「何でこんなことに
 なっちゃったんだろうなぁ。


 やっぱり
 健康じゃないと。


 何よりも、
 健康だよ。


 健康でなければ、
 いくらお金があっても
 意味がない。」





そして、





「もっと
 世のため人のために
 役に立ちたかったんだけどなぁ。」





みなさま、
この大企業の元社長さんの言葉、
どう思われますでしょうか??





体に無理をして働いて、
大金持ちになって、
人生の終盤にかけて、
このような「後悔」を
されています。





私は次の2つのことを
改めて思いました。





1.健康でなければ意味がない

2.人生はあっと言う間






みなさま、
この方のように
悔しい思いをしないよう、
「健康」と「時間」には、
大切に大切に真剣に
向きあいましょう〜!
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら
写真提供:ペイレスイメージズ

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み