2015年06月09日

ファスティングの威力、再確認!!


DSC_0128.JPG


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





6月2日(火)の記事で、
「ファスティング」を実施することを
お伝えしました。
⇒その記事「初サーフィンと、肩の『痛み』」





その後、
6月3日(水)〜8日(月)まで、
「ファスティング」を実行しました!


当初は5日間の予定でしたが、
6日間行いました。





その結果、
今回も、
私の肩の『痛み』は、
劇的に改善しました!!
(^o^)/


腕が楽々真上に上がります♪





今回の「ファスティング」では、
新たに体験した
体の変化がありました。


それは、
肌が綺麗になっていることです!


肌のキメが細かくなって
スベスベしています。


これには、
驚きました!!





これらの『痛み』や『肌』への効果は、
6日目になって急激に実感しました。





ファスティングの威力は
絶大です!!


おそらく、
股関節、腰、膝の長引く『痛み』にも
同様の効果はあると思います。


長引く『痛み』にお困りのみなさま、
ファスティングは、
本当におススメです!!
(^o^)/





上の写真は、
「回復食」として
「ファスティング」後に
初めて食べた食事です。


「ファスティング」を行った後は、
消化に良いもの、
体にとって良いものを
少しずつ摂りながら、
通常の食事へと戻していきます。


その通常の食事へ戻していくときの食事を
「回復食」と呼びます。





今回私が食べた最初の「回復食」は、
何の味付けもしていないお粥と
具なしの味噌汁でした。


この何の味付けもしていないお粥が、
めちゃくちゃ美味しかったです!!





「ファスティング」後は、
味覚がとても冴えているので、
素材の味を
存分に楽しめるのです♪


食事を頂くことに対して、
純粋に「幸せ〜♪」と感じます。
(^^)/


この「ファスティング」後の食事も、
「ファスティング」の楽しみの一つです!!





「ファスティング」をすると、
『痛み』がなくなって、
肌が綺麗になって、
体調が良くなって、
ご飯が美味しくなって、
良いことづくめです♪♪


私は、
「ファスティング」が大好きになりました!
(^o^)/





『Feuno』では、
私が使用している
「ファスティングドリンク」も
取り扱い始めました。


「ファスティング」に
チャレンジしたい方は、
是非『Feuno』まで
お問合せ下さいね!!
(^o^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

2015年06月10日

「腰痛」の問題は「細胞」の問題


body_saibou.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)


今回の記事は、
以前に『Feuno』メルマガで配信したものに
加筆したものです。





「腰痛が、
 企業の生産性を低下させ、
 医療費の増大を招いている」と、
良く言われています。





このことは、
大きな社会問題として、
マスコミで取り上げられています。


そして、
この問題を解決させるための活動が
様々なところで行われています。





その内容の多くは、
腰痛に効く
運動や体操の指導、
心理的なフォローです。





これで
日本の腰痛は
なくなるのでしょうか??


私は
そうは
思えません。





これだけでは、
不十分だと
思っています。





腰痛といえば、
「身体(運動器)と心の問題」と
考えられていますが、
私はこう考えています。





「腰痛は、
 細胞の問題」





私たちの体は、
「細胞」で出来ています。


たくさんの種類の「細胞」の
集合体です。





何か症状が出るということは、
この「細胞」に
異変が起きている
ということです。


したがって、
「細胞」の異変が正常に戻れば、
症状は治まります。





ですので、
腰痛を解決しようとするなら、
「細胞の異変」に
目を向ける必要がある
と思っています。
(^^)/





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

2015年06月11日

「細胞」の問題は「食べ物」の問題


xf0745006840l.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)


今回の記事は、
以前に『Feuno』メルマガで配信したものに
加筆したものです。





昨日の記事では、
「腰痛は、
 細胞の異変」
とお話ししました。


これは、
腰痛に限らず、
股関節や膝の『痛み』、
他の病気にも当てはまります。


「細胞の異変」とは、
「細胞」が健全に活動できていない
状態のことです。





さて、
私たちが
生きていられるのは、
何故でしょうか??





それは、
酸素を吸って、
水や栄養素を
摂っているからです。


これらがなくなると、
私たちは
健全に活動できません。





「細胞」についても
これと同じです。


「細胞」も
酸素や栄養素がなくなると、
健全に活動できなくなります。





では、
「細胞」に
酸素や栄養素を届けているのは
何でしょうか??





それは、
「血液」です。


「血液」が全身をくまなく駆け巡って、
全ての「細胞」に
酸素や栄養素を
直接的にも間接的にも
届けています。





ということは、
「血液」が健全でなければ、
「細胞」は
健全に活動できなくなります。





では、
「血液」は、
何で作られているのでしょうか??





それは、
私たちが摂っている
水や栄養素です。


簡単に言うと、
「血液」は、
「食べ物」から
作られています。





つまり、
「細胞の異変」は、
私たちの「食べ物」と
大きく関係しているのです。


したがって、
「食べ物」の良し悪しが、
腰痛と大きく関係しているのです。


「食べ物」の良し悪しが、
股関節や膝の『痛み』、
他の病気と
大きく関係しているのです。





ということで、
健康を願うみなさま、
出来る限り
質の良い「食べ物」を摂ることを
お勧めします!!
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら
写真提供:ペイレスイメージズ

2015年06月16日

「roomCREA」1周年記念〜ファスティング〜


DSC_0160_2.JPG


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





昨日の記事に掲載した
「roomCREA」1周年記念パーティーでは、
参加セラピスト全員に
5分間の「自己紹介タイム」が
設けられていました。





DSC_0154.JPG



私は、
自分が
なぜ股関節、腰、膝の「痛みセラピー」を始めたのか、
そのいきさつをお話ししました。


自分自身に突然降りかかった、
悪夢のような「股関節痛」を、
大学病院で手術しかないと言われた「股関節痛」を、
「自ら治した」ということを
お話ししました。





「早まって手術をしないようにしましょう!」
と訴えさせて頂きました。


「股関節痛」は、
手術をしなくても
治ることがあるのです!!






それには、
自然治癒力を高めること、
細胞が正しく活動できることが必要です。


細胞の外からのアプローチとしては、
正しい身体の使い方を身につけて
体にかかる負担を小さくすること、
メンタル的なケアなどがあります。


細胞の内からのアプローチとしては、
正しい食事の仕方、
「ファスティング」などがあります。





私は、
今回の「自己紹介タイム」では、
「ファスティング」の凄さについて
お話しさせて頂きました。





一般的に、
股関節、腰、膝の『痛み』の改善法として
思い浮かぶものは、
「痛み止めの薬」、
「湿布」、
「ストレッチ」、
「運動」、
「体操」、
「マッサージ」、
「整体」、
などだと思います。


これらは全て、
細胞の外からのアプローチになります。


多くの方は、
これらのアプローチで
『痛み』が改善しない場合、
「手術」を選択してしまいます。





私はここで声を大にして訴えたいのです。


「細胞の内からのアプローチが
 まだ残ってますよ〜〜!!」

と。





その細胞の内からのアプローチの
最強のものが、
「ファスティング」です。


「ファスティング」は、
『痛み』を大幅に改善させます!!



私も長引く四十肩の『痛み』で
体験済みです。





ただ、
「ファスティング」は、
正しい方法を行わないと、
逆に体にダメージを与える可能性もあります。


この正しい方法に必須なことが、
「ファスティングドリンクを使用する」
ということです。





ただの「酵素ドリンク」ではダメです。


「ファスティング」用に作られた、
「ファスティングドリンク」でなければいけません。





このようなドリンクは、
「不味そう・・・」
というイメージがあると思います。


そこで今回、
「自己紹介タイム」で、
私が使用している
「ファスティングドリンク」の試飲を
全員の方にして頂きました。
(^^)/





DSC_0165.JPG



ドリンクを試飲されたみなさまからは、
「甘くて美味しい〜♪」
「飲みやすい〜♪」
「こんな味だとは思わなかった♪」
との感想を頂きました!


そう、
ちゃんとした「ファスティングドリンク」は、
美味しくて飲みやすいのです!!
(^o^)/


でなければ、
何日間もの断食なんて
できません。





「ファスティング」は、
食べる楽しみを我慢してまで行う
健康法です。


その我慢に見合った成果を出さなければ、
もったいない限りです。





ですので、
「ファスティング」は、
正しい方法で、
ちゃんとした「ファスティングドリンク」を
使うことを
おススメします。

(^^)/


「ファスティング」にチャレンジしてみたい方は、
お気軽に『Feuno』までご相談下さいね!
(^o^)/





ちなみに、
「ファスティング」をすると、
確実に痩せます!


ダイエット効果も
抜群です!


私は、
7日間の「ファスティング」で、
5kg痩せました。


「ファスティング」後も
その体重をキープしています。
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

2015年06月24日

ファスティングで治癒力アップ!


81V6f8ehQNL.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)


今回の記事は、
以前に『Feuno』メルマガで配信したものに
加筆したものです。





股関節、腰、膝の『痛み』が長引く理由は、
簡単に言うと、
次の2つです。





1.「自然治癒」が機能していない

2.「心の問題」





今日は、
前者についてお話しします。





「自然治癒」が機能しない理由は、
大きく次の2つに分類できます。





A.「自然治癒力」そのものが低下している

B.「自然治癒」を妨げる状態となっている





「自然治癒」を植物の成長に例えると、
Aは、
成長する力がない状態のことで、
Bは、
踏みつけられている状態のことです。


これらの状態にならないようにするには
どうしたら良いでしょうか??





Bは、単純に、
「踏みつけられないように」
すれば良いと思いますが、
Aについては
どうでしょうか??





私のおススメは、
「ファスティング(断食)」です。





「自然治癒力」を高めるには、
「ファスティング」が
最も直接的で
効果が高いと思います。





私は「ファスティング」を
7日間行ったことがあるのですが、
この効果には、
ホントに驚かされました。





みなさまの中には、
もしかしたら、
「ファスティング」、
「断食」は、
何か修行でもするようなイメージを
お持ちかもしれません。


難行苦行のように
思われているかもしれません。





しかし、
安全な「ファスティング」は、
そのようなことではありません。


水も飲みますし、
体に必要な栄養素などを摂取するための
「ファスティングドリンク」も飲みます。





私も「ファスティング」を実施する前は、
「自分にできるかな・・・」
と少し不安に思っていましたが、
実際にやってみると、
修行でも難行苦行でもありませんでした。


逆に、
「自然治癒力」が増していくにつれて、
体がどんどん「楽」になっていきました。


当初は、
5日間行う予定だったのですが、
「ファスティング」が
あまりにも心地良かったので、
「ファスティングドリンク」がなくなるまで行い、
結果として
7日間行ったことになったのです。





私は最近、
「夫婦で楽しむ、ファスティング入門
 (山田豊文、船瀬俊介著)」
という本を読んでいます(上の画像)。


この本には、
「ファスティング」の効果として
次の「16大効果」が
紹介されていました。





1.持病が消える

2.病気にかかりにくい

3.身体が軽くなる

4.疲れにくくなる

5.睡眠が短くなる

6.肌が若返る

7.頭が冴える

8.仕事がはかどる

9.生き方が前向きに

10.身体が引き締まる

11.不妊症が治る

12.寿命が延びる

13.食費は3分の1

14.買い物、料理が楽

15.趣味を楽しめる

16.感性が豊かに





このように、
「ファスティング」によるメリットは計り知れず、
様々なことが「楽」になっていきます。


とにかく、みなさま、
長引く『痛み』を解決させるためには、
「自然治癒力」を高める必要もあることを
是非知って頂きたいと思います。
(^o^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら
写真提供:ペイレスイメージズ

2015年06月25日

朝食「breakfast」の意味とは


af9980004863l.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)


今回の記事は、
以前に『Feuno』メルマガで配信したものに
加筆したものです。





昨日の記事では、
「ファスティング」について
お話ししました。


今日も
「ファスティング」に関するお話です。





「ファスティング」、
これを英語で書くと、
「fasting」です。


「fast」とは、
「食べることを絶つ」
という意味です。


つまり、
「断食」
という意味です。


したがって、
「fasting」は、
「断食する」
という意味です。





さて、
朝食は英語で、
「breakfast」
と書きますが、
この言葉には、
どのような意味が
込められているのでしょうか??





私たちは、
食べ物を食べて、
それを体内で消化吸収するとき、
とても大きなエネルギーを
使っています。


体内で作られるエネルギーの
8割程度が
消化に使われていると
されているほどです。





一方、
私たちは、
寝ている間は、
何も食べていません。


朝食は、
起きてから初めて食べる
食事です。





したがって、
長い時間
何も食べていなかった体に、
急に食べ物を入れることは、
体にとっては、
とても大きな負担となります。





朝食を意味する
「breakfast」、
これは、
「断食を破る」
という意味です。


つまり、
「breakfast」
という言葉には、
「朝食は、
 体に大きな負担をかけますよ」
という意味が
込められているのです。


したがって、
朝食は、
あまり食べない方が
良いのです。






昔の人々は、
このことを知っていたので、
朝食のことを
「breakfast」とよんで、
朝食の食べ方に
気をつけていたようです。





私たち日本人も、
江戸時代までは、
朝食を食べていなかったそうです。


中国では、
消化の良い「お粥」が
朝食の定番です。


フランスでは、
朝食を
「プティ・デジュネ」と言い、
これは、
「軽い昼食」
という意味です。





このように、
朝食は、
ある意味
“特別な”
食事なのです。





現代では、
様々な事情(利権)により、
「朝食はしっかり食べる」
ということが広まっていますが、
体への負担という視点で見ると、
これは間違っているのです。





朝食を
しっかり食べることで
体への負担が大きくなれば、
それだけ
「自然治癒力」は
低下します。


そして、
『痛み』が長引いていく可能性が
高くなります。





長引く『痛み』に
お困りのみなさま、
以上のような、
朝食についての正しい知識を
お持ちになることを
おススメします。
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら
写真提供:ペイレスイメージズ

2015年06月26日

「減食」もおススメです!


a0002_009272_m.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)


今回の記事は、
以前に『Feuno』メルマガで配信したものに
加筆したものです。





昨日、一昨日と
「ファスティング」について
お話ししました。


今日も
「ファスティング」に関するお話です。





「ファスティング」は、
「断食」のことです。


「断食」と聞いただけで、
「大変そうだな・・・」
と感じる方は多いと思います。


「何日間も
 食べるのを我慢する」
というイメージの方が
多いと思います。





ここで、
「ファスティング」の目的を
確認してみましょう。





私が、
長引く『痛み』にお困りの方に
「ファスティング」をおススメする理由は、
当然のことですが、
『痛み』が改善するからです。


「自然治癒力」が高くなったり、
「心」がスッキリしたり、
健康にとって良いことが
たくさんあるからです。





なぜそうなるのか??





それは、
食べることを
やめるからです。


「ファスティング」の目的は、
「食べない」
ということなのです。





食べることによる体の負担を減らし、
体の全ての細胞を
活性化させるためです。


つまり、
「『痛み』を改善させるために、
 食べることを控えましょう」
ということです。





さて、
これを叶えるための方法は、
「ファスティング」以外にも
あるのです。


それは、
「減食」です。





「減食」とは、
食事の回数を減らすことです。





例えば、
1日3食だったのを、
1日2食にしたり、
1日1食にしたりすることです。


これを毎日行っていれば、
体調は少しずつ良くなっていき、
『痛み』も改善しやすくなります。


抜いた食事を
「ファスティングドリンク」で補うのも
効果的です。





私は
「ファスティング」の効果を体験し、
食べ過ぎの危険性を知って以来、
朝食は抜いています。


昼食と夕食の
1日2食の生活です。





さらに昼食は、
消化の良い「そば」を
食べることが多いです。


その代わり、
夕食は、
好きなものを
たくさん食べています。





おかげで
体調は良いままで、
体重も増えることがありません。





みなさま、
「「ファスティング」は
 ハードルが高いな〜」
と思われるなら、
「減食」にチャレンジしてみては
いかがでしょうか??


私は、
朝食を抜くことを
おススメします!
(^o^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

2015年06月27日

「ファスティング」、著名人も多数実践中!!


xf0685005048l.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)


今回の記事は、
以前に『Feuno』メルマガで配信したものに
加筆したものです。





今日も
「ファスティング」に関するお話です。





昨日は、
「減食」について
お話ししました。


この「減食」や「ファスティング」は、
著名人の方々も
実践しているそうです。





1日1食の方々の名前を挙げていくと、

ビートたけしさん、

タモリさん、

ピンクレディーの未唯さん、

GACKTさん、

水谷豊さん、

福山雅治さん、

阿藤快さん、

京本正樹さん、

千葉真一さん、

など。





「ファスティング」を実践している方々は、

落合博満さん、

アントニオ猪木さん、

小川直也さん、

美川憲一さん、

カール・ルイスさん、

横峯さくらさん、

EXILEのATSUSHIさん、

藤原紀香さん、

ダルビッシュ有さん、

新庄剛さん、

デヴィ夫人、

品川祐さん、

小島よしおさん、

松山千春さん、

水道橋博士さん、

王理恵さん、

うつみ宮土理さん、

保坂尚輝さん、

など。





実に多くの著名人の方々が、
「ファスティング」や
「減食」を行い、
活躍されています。


プロスポーツ選手も
大勢いらっしゃいます。





多くの方は、
「スポーツ選手は
 たくさん食べないと
 いけないんじゃないの??」
と思われるかもしれません。


実は、
そうではないそうです。





最高のパフォーマンスを発揮するには、
全ての細胞が
フル活動する必要があります。


そのために、
食事を絶って、
細胞をあえて窮地に追い込み、
「底力」を発揮させるそうです。





野生の動物でも
そうです。


飢え死にしそうなぐらい
お腹を空かせたライオンの
狩りでの動きは、
とても鋭いです。





この細胞のフル活動は、
そのまま
「自然治癒力」の強化に
繋がります。


陸上選手の為末大さんは、
膝の『痛み』を治すために
「ファスティング」を行い、
実際に『痛み』が
小さくなったそうです。





動物は、
怪我をしたり
体調が悪くなると、
何も食べずに
じっとしています。


本能的に
何も食べない方が
治りが早いことを
知っているのでしょう。





事実、
私も「ファスティング」をして、
四十肩の『痛み』が
大幅に改善されました。





みなさん、
「ファスティング」や
「断食」には、
まだまだ多くの誤解が
あると思います。


決して「修行」のように
苦しくて辛いものでは
ありません。


体に悪いものでも
ありません。





これだけ多くの著名人が実践し、
野生の動物も
実践しているのです。





いち早く『痛み』を改善させるために、
「食べ過ぎ」の生活、
飽食の生活から
脱出することを
おススメします!
(^o^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら
写真提供:ペイレスイメージズ

2015年07月04日

「食育」を広めよう!!


af0150017939l.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





昨日の記事で、
「エキスパート・ファスティングマイスター」に
合格したことを
ご報告しました。


その検定試験日時は、
6月21日(日)の午前でした。


それとともに、
前日の6月20日(土)と
6月21日(日)の午後に、
「ファスティング」と「食育」の
セミナーが実施され、
参加してきました。
(^^)/





このセミナーでは、
「食育」について、
とても深い内容まで
勉強させて頂きました。





みなさま、
「食育」とは何か、
ご存知でしょうか??





2005年に
「食育基本法」という法律が
制定、施行されました。



この法律の中で、
「食育」について
次のように記載されています。





「様々な経験を通じて
 「食」に関する知識と
 「食」を選択する力を習得し、
 健全な食生活を
 実践することができる人間を
 育てること」


そして、
「食育を、
 生きる上での基本であって、
 知育、徳育及び体育の
 基礎となるべきものと位置付ける」


と書かれています。





つまり、
「食事が最も大切なこと」
ということです。


国がこのように定めており、
認めているのです。






「知育」とは知識の教育、
「徳育」とは人格の教育、
「体育」とは身体の教育
のことです。


これらは全て、
「食育」の基に
成り立っている
ということです。





つまり、
食事が悪かったら、
頭が良くならないし、
人格が良くならないし、
運動能力も良くならない
ということです。


逆に、
食事が良かったら、
頭が良くなって
人格が良くなって
運動能力が良くなる
ということです。





頭が良くて
人格が良くて
運動能力が良かったら、
おそらく
良い人生を送ることが
できるのではないでしょうか??


それを叶えるには、
正しく健全な食事が
必要なのです。





「食育基本法」には、
さらに次のように
書かれています。





「子どもたちが
 豊かな人間性をはぐくみ、
 生きる力を身に付けていくためには、
 何よりも
 「食」が重要である」


この文章で
注目すべきところは、
「何よりも「食」が重要」と
言い切っているところです。





これまでの常識では、
この文章には、
「食」ではなく、
例えば、
「愛」などの言葉が
入るでしょう。


しかし、
「愛」よりも
「食」が重要と
言っているのです。





食事が悪かったら、
健全な「愛」すら芽生えない

ということです。





ということで、
私たちは、
正しく健全な食事を
学ぶ必要があるのです。





私は、
今回のセミナーや検定試験勉強で、
「食育」についても学びました。


この「食育」を
できるだけ多くの方々に知って頂くために、
少しずつ「食育」の知識を
メルマガやブログなどを通して
お伝えしていこうと思います。


そのお伝えした内容を
ご家族やお友達にも教えて頂けると
嬉しいです!!


みんなで
健全な日本を
創っていきましょう〜!!
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら
写真提供:ペイレスイメージズ

2015年07月05日

「ファスティング」と「筋肉」


kinniku_ude.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)


今回の記事は、
以前に『Feuno』メルマガで配信したものに
加筆したものです。





「ファスティング」は、
『痛み』改善に有効です。


これは、
私自身、
経験済みです。





また、
「ファスティング」をすると
間違いなく痩せます。


ダイエット効果もあります。





ここで気になるのが、

「痩せるのは良いけど、
 筋肉まで落ちてしまうのは
 困るな〜・・・」

ということです。





特に、
スポーツをされている方にとっては、
筋肉量の減少は
気になるところだと思います。





確かに、
食べ物を全く摂らないので、
筋肉量は減少します。


しかし、
正しい方法での
「ファスティング」は、
筋肉量の減少を
最小限にくい止めることができます。





実は、
筋肉量の減少は、
「ブドウ糖」を摂取することで
くい止めることができるのです。


「ブドウ糖」を摂取すると、
筋肉のタンパク質の分解が
抑制されるのです。


この働きによって、
筋肉量の減少が
緩和されるのです。





「ファスティング」用に作られた
「ファスティングドリンク」には、
この「ブドウ糖」が
含まれています。


ですので、
「ファスティングドリンク」を
飲みながら行う「ファスティング」は、
筋肉量の減少を
抑えることができるのです。






みなさま、
水だけしか飲まない「ファスティング」や、
一般的な酵素ドリンクでの「ファスティング」は、
体に大きなダメージを
与えかねません。


「ファスティング」を行うときは、
必ず正しい方法で行うことを
おススメします!


正しい「ファスティング」に
チャレンジしたい方は、
お気軽に『Feuno』まで
お問合せ下さいね!
(^o^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

2015年07月08日

「ファスティング」と「若返り」


af9920057848l.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





私はこれまで、
「ファスティングの効果は絶大だ!!」と、
しつこくお話しさせて頂いています。
(^^)/


今回からは、
「ファスティング」をすると、
どのような経過をたどって
『痛み』改善へと繋がるか、
お話ししていこうと思います。





まず、
「ファスティング」とは
「断食」ということなので、
食べ物を摂りません。


食べ物が体に入ってこないと、
小腸は、
「モチリン」というホルモンを出します。


この「モチリン」は、
胃を収縮させて、
胃に残っているかもしれない食べ物を
小腸に送り込ませようとします。





お腹が空いて
「グーグー」と鳴るのは、
この「モチリン」の働きによるものです。





「モチリン」によって胃を絞っても、
食べ物が小腸に送られなければ、
胃から
「グレリン」というホルモンが出ます。


この「グレリン」は、
脳の視床下部というところに作用し、
食欲を出させます。


それと同時に、
脳の下垂体というところに作用し、
「成長ホルモン」を分泌させます。





「成長ホルモン」は
別名「若返りホルモン」と呼ばれ、
体をどんどん魅力的に
若返らせます。





「ファスティング」をすると、
まず、
この「若返りホルモン」によって
体が若返ることで、
『痛み』が改善しやすくなっていると
思われます。

(^^)/





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら
写真提供:ペイレスイメージズ

2015年07月09日

「遺伝子修復」と「血管大掃除」


oosouji_yukafuki.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





私はこれまで、
「ファスティングの効果は絶大だ!!」と、
しつこくお話しさせて頂いています。(^^)/


今回も、
「ファスティング」をすると、
どのような経過をたどって
『痛み』改善へと繋がるか、
お話ししていこうと思います。





「ファスティング」開始から
12時間ほど経つと、
「サーチュイン遺伝子」が
活性化します。


「サーチュイン遺伝子」とは、
別名「延命遺伝子」、
「長寿遺伝子」とも呼ばれ、
空腹状態になると活性化します。





「サーチュイン遺伝子」は、
体中の遺伝子をスキャンし、
遺伝子の傷を修復していきます。


老化も癌も
遺伝子の異常が原因と言われているので、
「ファスティング」をして
「サーチュイン遺伝子」を活性化することで、
それらを予防することができるのです。





「ファスティング」開始から
2〜3日後、
「内臓脂肪」が燃焼され始めます。





「ファスティング」をすると、
初めは「グリコーゲン」という「糖」が
エネルギー源として使われていくのですが、
この「グリコーゲン」を使い切った後、
「内臓脂肪」がエネルギー源となり
燃焼されていきます。


この「内臓脂肪」が燃焼されるとき、
脂肪細胞から
「アディポネクチン」という
奇跡のホルモンが分泌されます。





この「アディポネクチン」は、
体中の血管を掃除して
体を若返らせてくれるのです。





「ファスティング」をすると、
今回ご紹介した
「サーチュイン遺伝子」や
「アディポネクチン」の
働きによって、
体中の細胞が健康になることによって、
『痛み』が改善しやすくなると
考えられます。

(^^)/





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

2015年07月10日

「脂肪毒」の放出


baikin_genki.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





私はこれまで、
「ファスティングの効果は絶大だ!!」と、
しつこくお話しさせて頂いています。(^^)/


今回も、
「ファスティング」をすると、
どのような経過をたどって
『痛み』改善へと繋がるか、
お話ししていこうと思います。





昨日は、
「ファスティング」開始から
2〜3日後に、
「内臓脂肪」が燃焼され始めると
お話ししました。


実は、
脂肪細胞の中には、
細胞の健全な働きを邪魔する、
ウィルスや病原菌、
有害な「サイトカイン」などの
「脂肪毒」が
潜んでいるのです。





「サイトカイン」とは、
細胞と細胞の間で、
情報を伝達する物質です。





有害な「サイトカイン」の例としては、

1.TNF-α
  →糖尿病になりやすくする

2.アンジオテンシノーゲン
  →高血圧になる

3.PAI-1
  →血栓を作る

などがあります。





脂肪細胞は、
これらの「サイトカイン」を
分泌しているのです。





「ファスティング」により
脂肪が燃焼されると、
脂肪細胞に潜んでいる
ウィルスや病原菌、
有害な「サイトカイン」などの
「脂肪毒」が、
血液中に放出されます。


その後それらは、
尿や便となり、
体外に排出されます。





したがって、
「ファスティング」をすると、
体内の「脂肪毒」が減少し、
細胞が健全に活動できるようになるのです。


それに伴って、
『痛み』も出にくくなると
考えられます。

(^o^)/





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

2015年07月11日

「代謝酵素」と「デトックス」


medical_doku.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





私はこれまで、
「ファスティングの効果は絶大だ!!」と、
しつこくお話しさせて頂いています。(^^)/


今回も、
「ファスティング」をすると、
どのような経過をたどって
『痛み』改善へと繋がるか、
お話ししていこうと思います。





『痛み』を改善させるには、
細胞の活動を
正常にさせる必要があります。


体に取り込まれてしまった
有害物質(鉛、有機水銀、カドミウム、ヒ素など)は、
細胞の正常な活動を
妨げてしまいます。





したがって、
有害物質を排出できれば、
『痛み』は改善していくと思われます。


このことに関して、
大きな役割を担っているのが
「代謝酵素」です。





私たちが生きていくには、
細胞活動を営んでいくには、
「酵素」という物質が必要です。


「酵素」は、
体の中の化学反応や
細胞の特定の活動を引き起こす
「触媒」のような
役目を果たしています。





「酵素」には、
食べ物から摂取する「食物酵素」と、
体の中で作られる「体内酵素」があります。


「体内酵素」は、
食べ物を消化するときに働く「消化酵素」と、
細胞の新陳代謝を促す「代謝酵素」があります。





この「代謝酵素」が、
『痛み』に関係していると思われます。





体の中で作られる
「体内酵素」の量は決まっていて、
「消化酵素」が多いと
「代謝酵素」は少なくなり、
その逆も言えます。





日常生活では、
「体内酵素」のうち、
約80%が「消化酵素」に
使われています。


「代謝酵素」は、
残りの約20%しかありません。





ところが、
「ファスティング」中は、
「消化酵素」を使わないので、
「体内酵素」のほとんどを
「代謝酵素」として
使うことができるのです。





したがって、
「ファスティング」をすると、
代謝能力が高まり、
ちょっと汗をかいたぐらいでは排出できない、
「細胞内」に入ってしまった有害物質を、
「細胞外」にどんどん排出することができます。


これがいわゆる
「デトックス」作用です。





すると、
細胞は正常に活動できるようになり、
『痛み』は改善していくと思われます。





つまり、
「ファスティング」をすると、
「デトックス」作用により
細胞活動が正常になり、
『痛み』が改善したり、
『痛み』が出にくくなると
考えられます。

(^^)/





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

2015年07月12日

「熱ショックタンパク質」


shoes_kutsuya_syuri.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





私はこれまで、
「ファスティングの効果は絶大だ!!」と、
しつこくお話しさせて頂いています。(^^)/


今回も、
「ファスティング」をすると、
どのような経過をたどって
『痛み』改善へと繋がるか、
お話ししていこうと思います。





みなさま、
「熱ショックタンパク質」
というものを
ご存知でしょうか??


これは、
「ヒートショックプロテイン」、
「HSP」とも呼ばれます。





「熱ショックタンパク質」は、
細胞が熱などのストレスにさらされると、
細胞内で発現する
タンパク質です。





このタンパク質は、
細胞の傷ついたところを探して
修復する機能があります。





「熱ショックタンパク質」が発現するストレスは、
熱だけではなく、
飢餓状態も
その1つです。





つまり、
「ファスティング」を行って
飢餓状態になると、
「熱ショックタンパク質」が発現し、
傷ついた細胞が、
どんどん修復されていきます。





したがって、
「ファスティング」を行うと、
傷ついた細胞が修復されるため、
『痛み』が改善したり、
『痛み』が出にくくなると
考えられます。

(^^)/





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

2015年07月13日

「肺の修復と酸素供給」


body_hai_good.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





私はこれまで、
「ファスティングの効果は絶大だ!!」と、
しつこくお話しさせて頂いています。(^^)/


今回も、
「ファスティング」をすると、
どのような経過をたどって
『痛み』改善へと繋がるか、
お話ししていこうと思います。





昨日お話ししたように、
「ファスティング」をすると、
「熱ショックタンパク質」の働きにより、
傷ついた細胞が
修復されていきます。





生命活動の
最も基本的なことの一つに
「呼吸」があります。


「呼吸」によって、
細胞活動に必要な「酸素」を
体内に取り入れ、
細胞の排泄物である「二酸化炭素」を
体外に排出させます。





「呼吸」は、
肺の細胞によって
行われています。


「ファスティング」は、
傷ついた肺の細胞も修復するため、
「酸素」を体内に
スムーズに取り入れることが
できるようになります。





すると、
体内に取り入れられる「酸素」が多くなり、
そのたくさんの「酸素」によって、
体中の細胞が活性化します。





このように
細胞が活性化し正常に機能するようになると、
『痛み』は改善していき、
出にくくなると考えられます。





つまり、
「ファスティング」をすると、
肺が元気になり、
体中にたくさんの酸素が巡り、
細胞が元気になることで、
『痛み』が改善していったり、
『痛み』が出にくくなると
考えられます。

(^^)/





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

2015年07月15日

「腸内環境」と「栄養吸収と免疫」


body_chou_good.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





私はこれまで、
「ファスティングの効果は絶大だ!!」と、
しつこくお話しさせて頂いています。(^^)/


今回も、
「ファスティング」をすると、
どのような経過をたどって
『痛み』改善へと繋がるか、
お話ししていこうと思います。





私たちの健康にとって、
「腸内環境」は、
とても大切です。





腸は、
栄養を吸収するところです。


植物に例えると、
「根」になるところですので、
健康の要です。





また腸は、
免疫物質が
作られているところです。


免疫物質は、
病原体となる
細菌やウイルスと戦い、
私たちの健康を
守ってくれる物質です。





つまり、
腸の働きが、
私たちの健康にとって、
とても重要なのです。


そのためには、
「腸内環境」を整えることが
とても大切です。





「ファスティング」をすると、
腸には食べ物が
送られなくなります。


腸が空になります。


すると、
「腸内環境」が
自然と整っていきます。





その結果、
栄養吸収力や免疫力が上がり、
どんどん健康になっていきます。





つまり、
「ファスティング」をすると、
「腸内環境」が整い、
栄養が適切に吸収され、
細菌やウイルスが
体内に入りにくくなるため、
細胞が正常に活動できるようになり、
『痛み』が改善していったり、
『痛み』が出にくくなると
考えられます。

(^^)/





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

2015年07月16日

「善玉菌」を増やす


virus_zendama_good.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





私はこれまで、
「ファスティングの効果は絶大だ!!」と、
しつこくお話しさせて頂いています。(^^)/


今回も、
「ファスティング」をすると、
どのような経過をたどって
『痛み』改善へと繋がるか、
お話ししていこうと思います。





昨日の記事では、
「腸内環境が大切」
とお話ししました。




腸の中には、
「腸内細菌」といわれる菌が
生息しています。


その数は、
約100兆個にもなります。





「腸内細菌」には、
「善玉菌」、
「悪玉菌」、
「日和見菌」
があります。





「善玉菌」は、
腸の消化吸収を促進させたり、
免疫力を高めたり、
下痢や便秘を予防したり、
ビタミンを合成したりする、
体にとって良いことをしてくれる
「腸内細菌」です。





「悪玉菌」は、
有害物質を作ったり、
発がん性物質を作ったり、
免疫力を弱めたり、
下痢や便秘を引き起こしたりする、
体にとって悪いことをする
「腸内細菌」です。





「日和見菌」は、
「善玉菌」と「悪玉菌」の
優勢な方に加担する、
面倒な「腸内細菌」です。





理想的な「腸内細菌」の割合は、
「善玉菌」:20%
「悪玉菌」:10%
「日和見菌」:70%
です。





現代の日本人は、
食生活の変化から、
「善玉菌」が
少なくなっているそうです。


また、
年齢と共に
「善玉菌」は
少なくなっていきます。





そこで、
健康のためには、
「善玉菌」を増やすことが
大切になってきます。





実は、
「ファスティング」をすると、
それを実現できるのです。


どのようにするかというと、
「ファスティング」明けの食事を
工夫します。





例えば、
3日間ほど「ファスティング」をすると、
約100兆個の「腸内細菌」が、
1/100万の約1億個に減ります。


そして、
全体的に「腸内細菌」が減ったところで、
「善玉菌」だけを
増やすようにします。





どのように増やすかというと、
「善玉菌」の餌になる
「乳酸菌」などを
積極的に摂るようにします。


すると、
「善玉菌」だけが
増えていきます。





一方、
「悪玉菌」は
増やさないように
しなければなりません。


そのためには、
「悪玉菌」の餌になる
「動物性タンパク質」を
あまり摂らないようにします。





このようにして、
「善玉菌」を増やし、
「悪玉菌」を減らし、
理想的な「腸内細菌」の割合に近づけていくと、
体は健康になっていきます。





つまり、
「ファスティング」をすると、
「腸内細菌」の割合を
理想的にすることができ、
体の調子が整っていくので、
『痛み』が改善していったり、
『痛み』が出にくくなると
考えられます。

(^^)/





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

2015年07月17日

「ファスティング」効果のまとめ


af0100002713l.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





私はこれまで、
「ファスティングの効果は絶大だ!!」と、
しつこくお話しさせて頂いています。
(^^)/


今回も、
「ファスティング」をすると、
どのような経過をたどって
『痛み』改善へと繋がるか、
お話ししていこうと思います。





昨日まで、
「ファスティング」と
『痛み』改善の関係を
それぞれお話ししてきました。


今日は、
まとめとして、
それぞれの要点を
お伝えします。
(^^)/


「ファスティング」をすることで、
これだけの効果があることを知れば、
「ファスティング」をしない理由が、
見当たらなくなると思います。
(^o^)/





1.若返り

食べ物を摂らないと、
「成長ホルモン」が分泌され、
どんどん魅力的に
若返ります。





2.遺伝子の修復

食べ物を摂らなくなってから
12時間後以降、
「サーチュイン遺伝子」によって、
傷ついた遺伝子が
どんどん修復されていきます。





3.血管の大掃除

食べ物を摂らなくなってから
2〜3日後以降、
内臓脂肪が燃焼されていき、
そのとき
脂肪細胞から分泌されるホルモン
「アディポネクチン」によって、
体中の血管が掃除されます。





4.脂肪毒の放出

脂肪が燃焼されることで、
脂肪細胞の中に潜む
ウィルスや病原菌、
有害サイトカインなどの
「脂肪毒」が
血液中に放出され、
尿や便となって
体外に排出されます。





5.デトックス

食べ物を摂らないということは、
「消化酵素」を使わないので、
「体内酵素」のほとんどを
「代謝酵素」に使え、
そのために代謝能力が高まり、
細胞内に入ってしまった有害物質を、
細胞外にどんどん排出することが
できます。





6.細胞の修復

飢餓状態になると、
細胞内で「熱ショックタンパク質」が発現し、
それが細胞についた傷を
修復していきます。





7.スムーズな酸素供給

傷ついた肺の細胞が修復されるため、
体内に取り入れられる酸素の量が増え、
体中の細胞が元気になります。





8.腸の吸収力と免疫力の強化

食べ物を摂らないと、
腸が空っぽになることで「腸内環境」が整い、
栄養吸収力や免疫力が
強くなります。





9.善玉菌の増加

食べ物を摂らないと、
「腸内細菌」が激減し、
「ファスティング」明けの食事で、
「善玉菌」の餌となる乳酸菌を積極的に摂ると
「善玉菌」だけが増えていき、
「腸内環境」が
劇的に改善されます。





以上のように、
「ファスティング」をすると、
体にとって良いことが
たくさん起こります。


そして、
『痛み』が改善していったり、
『痛み』が出にくくなったりします。





股関節、腰、膝の
長引く『痛み』にお困りのみなさま、
是非「ファスティング」にチャレンジしてみては
いかがでしょうか??


「ファスティング」をすると、
『痛み』が改善するだけでなく、
体そのものが
劇的に健康になっていきます!!


体重が減ったり、
肌が綺麗になったり、
美容にも良いことがいっぱいです♪♪






私は先日、
厳しい検定試験を合格し、
「エキスパート・ファスティングマイスター」
の認定を受けました。


「ファスティング」の実践に関して、
的確なアドバイスを
お伝えすることができます。


「ファスティング」にチャレンジしたい方は、
お気軽に『Feuno』までご相談下さいね!
(^o^)/


TEL:080-4845-3621


どうぞよろしくお願い致します。
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら
写真提供:ペイレスイメージズ

2015年08月02日

「食品添加物」、「合成添加物」の悪さ


shokuhinhyouzi.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





先週7月30日(木)に、
「食品表示見極め講座」
という勉強会に参加してきました。
(^^)/


この勉強会では、
食品表示のカラクリや、
摂取しない方が良い
飲食物や「食品添加物」について、
学ぶことができました。


普通に販売されている食品の
恐ろしさを
知ってしまいました。
(*_*)




「食品添加物」とは、
食品を製造する際に添加する
物質のことです。





「食品添加物」には、
主に次の役割があります。


・加工食品を作るため

・食品を魅力的にするため

・食中毒を防ぐため

・栄養を強化するため





「食品添加物」は、

天然の動植物から
化学合成ではない加工によって作られる
「天然添加物」と、

化学合成によって作られる
「合成添加物」とに、
分類されます。





私たちは基本的に、
自然界に存在しないものは、
食べない方が良いのです。


「合成添加物」が
それに当たります。





「合成添加物」が体に良くないのは、
主に次の理由からです。


・代謝されにくく体内に残存する

・活性酸素の発生源となる

・「アレルギー」や「がん」になりやすくなり、
 免疫力低下の原因の可能性がある





また、
「食品添加物」は、
塩分、油分、糖分を
摂り過ぎてしまうことにも繋がります。


塩水や砂糖水は、
それほどたくさん飲めませんよね??


でも、
ラーメンのスープやジュースは、
たくさん飲めてしまいすよね??


これは、
「食品添加物」の働きによるものです。





「食品添加物」を加えると、
味覚を変えることができ、
塩分、油分、糖分を、
大量に摂取できるようになるのです。


つまり、
私たちは、
「食品添加物」によって、
知らず知らずのうちに、
塩分、油分、糖分を、
大量に摂取してしまうことになるのです。


その結果、
様々な病気に
なりやすくなってしまいます。





以上のように、
「合成添加物」、
「食品添加物」は、
体に様々な悪影響を及ぼします。





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら