2016年09月20日

「天国」と「地獄」



 さあ、
 イメージしましょう。





 『痛み』が解決して
 楽しく笑って過ごしている
 未来の自分を
 イメージしましょう。





 そして、
 「『痛み』は治る」と
 強く信じましょう!!





 あなたには、
 手術宣告された股関節痛を
 手術せずに治した
 私がついています!!





 痛み気にせず、
 力を抜いて、
 楽に歩いて、
 手術いらずです!!(^^)/






長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





今日の記事は
一昨日の記事
「「輪廻転生」の理由とは」の続きです。





今日も
「死んだ後はどうなるの??」
ということについてのお話しです。





相変わらず
怪しいお話しです。
(^_^;)





股関節、腰、膝の
長引く『痛み』を
解決しやすくするための
工夫の一つとして
参考にして頂ければ
結構です。





ご自由に解釈して下さい。





股関節、腰、膝の
長引く『痛み』は、
ポジティブな「心」だと
解決しやすくなります。





「心」がポジティブかどうかは、
「生き方」が
大きく関わってきます。





その「生き方」は、
死んだ後にどうなるかを
知ることで、
変わってくると思います。





ですので、
死んだ後にどうなるかを
知ることは、
長引く『痛み』の解決に
大きく影響してきます。





それを知ることで、
「生き方」が変わり、
「心」がポジティブになり、
長引く『痛み』が
解決しやすくなるかも
しれません。





もっと言えば、
死んだ後のことを
どう考えるかで、
「心」をポジティブにすることができ、
長引く『痛み』を
解決しやすくすることができます。





ということで、
「死んだ後はどうなるの??」
について
知ることや考えることは、
長引く『痛み』の解決に、
とても役立つのです。





さて、
昨日の記事では、
私たちの「魂」は、
「利他」の精神や
「無償の愛」の存在になるために
「輪廻転生」を
繰り返していると
お話ししました。





そして、
「利他」の精神や
「無償の愛」の存在になるためには、
「魂」を磨く必要があり、
「魂」はそのために
「肉体」を持って
“ここ(この世)”にいると、
お話ししました。





その「肉体」を持った「魂」が、
あなたや私なのです。





つまり、
あなたや私は、
「魂」を磨くために、
ここで生きているのです。





さて、
このような
「輪廻転生」や「魂」のお話を
しばらく続けていましたが、
中には気づいている方も
いらっしゃるかもしれません。





そう、
私たちが生きているこの世界は
仮の居場所で、
私たちの本来の居場所は、
死んだ後の世界、
肉体から離れた世界なのです。





私たちが
ここで生きているのは、
簡単に言えば、
「修行をするため」
なのです。





私たちは、
「利他」の精神や
「無償の愛」の存在になるために、
ここに「修行」をしにきているのです。





そしてその「修行」は、
私たちが生まれたときに始まり、
死んだときに終わる、
ということです。





ちなみに、
「修行」という言葉からは、
「欲望を我慢して己に勝つ」
というようなイメージを
持たれるかもしれませんが、
ここでお話ししている「修行」は、
そういうこととは限りません。





「利他」の精神や
「無償の愛」の存在になる
という目標が
達成されさえすれば良いので、
必要がなければ
我慢などしなくても
良いのです。





逆に
「欲望を我慢して己に勝つ」
ということばかりしていて、
「利他」の精神や
「無償の愛」の存在から
遠のいていくことも
あるかと思います。





我慢ばかりして、
「利他」の精神や
「無償の愛」の存在と
同じようなことをしていても、
「心」の中で
不満や嫉妬が渦巻いていれば、
「利他」の精神や
「無償の愛」の存在とは
かけ離れた状態となってしまいます。





つまり、
我慢などせずに、
自然と
「利他」の精神や
「無償の愛」の存在の状態に
なっていることが
理想であり、
そうなるための
「修行」
ということです。





話しを元に戻します。





私たちは、
「魂」を磨くために
ここで生きています。





そして死んだ後は、
肉体を離れて
一つのエネルギーとして、
本来の居場所に帰り
存在することになります。





死んでから
本来の居場所に帰るときは、
自分の肉体もそうですが、
お金、家、車、地位など、
それまで手に入れたものは、
全て置いていくことになります。





持っていくことができるものは、
「心」や「精神」
といったものだけなのです。





そして、
その「心」や「精神」が、
「利他」の精神や
「無償の愛」の存在に
どれだけ近いかで、
居心地の良い場所に帰れるか、
居心地の悪い場所に
帰ってしまうのかが、
決まるのです。





昨日の記事でも
お話ししましたが、
「魂」は「エネルギー」で、
「エネルギー」は
「波長」を持った「波」なので、
同じような「波長」の「エネルギー」は、
共鳴して自然と集まります。





同じような「波長」、
つまり、
似たような「個性」の「魂」は、
自然と集まるのです。





あなたは、
優しい人ばかりに
囲まれているときと、
意地悪な人ばかりに
囲まれているときとでは、
どちらの方が
居心地が良いでしょうか??





おそらく
前者だと思います。





私たちが死んだ後、
本来の居場所に帰るということは、
このようなことなのです。





「魂」が、
「利他」の精神や
「無償の愛」の存在であれば、
同じような
「利他」の精神や
「無償の愛」の存在の「魂」に
囲まれながら
存在することになります。





逆に、
「魂」が、
私欲にまみれ
周りをおとしめてばかりだと、
同じような
私欲にまみれ
周りをおとしめてばかりの「魂」に
囲まれながら
存在することになります。





「天国」とは
前者の状況のことで、
「地獄」とは
後者の状況のことなのです。





簡単に言うと、
良い「魂」ばかりいるところが
「天国」で、
悪い「魂」ばかりいるところが
「地獄」ということです。





つまり「魂」は、
「天国」に行くために
「輪廻転生」を
繰り返しているのです。





あなたは、
「天国」に行きたいですか??





それとも
「地獄」に行きたいですか??





さあ、
今日のお話をもって、
私たちの
究極の「目的」や「目標」が、
見えてきました。
(^^)/





つづく・・・





【お知らせ】
10月16日(日)に名古屋で、
「痛みセミナー」、
「ファスティングセミナー」、
「歩き方セミナー」を
開催させて頂きます。
(^^)/





日時:2016年10月16日(日)
   「痛みセミナー」
    13:00〜14:20
    ※開場:12:50

   「ファスティングセミナー」
    14:30〜15:30
    ※開場:14:20

   「歩き方セミナー」
    15:40〜17:00
    ※開場:15:30

   ※準備の都合上、
    開場時刻以降にお越し下さいませ 


場所:名古屋市東区の「千種駅」から徒歩数分
   レンタルサロン「roomCREA」
   5Fの「room C」
   http://www.creanadi.com/アクセス/


参加費:「痛みセミナー」⇒3,000円
    「ファスティングセミナー」⇒2,000円
    「歩き方セミナー」⇒5,000円

    ※お釣りのないようご用意下さい


定員:各セミナーとも先着6名


持ち物:筆記用具、
    クリップボードや下敷き
    (机を使わないので)



参加希望の方は、
『Feuno』までご連絡下さい。


電話:080-4845-3621

メール:mail@feuno.com





周りに「痛みセミナー」、
「ファスティングセミナー」、
「歩き方セミナー」に
興味がありそうな方がいらっしゃいましたら、
是非お誘い下さいませ。





どうぞよろしくお願い致します。
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/177125491
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック