2016年01月31日

「人間」って・・・


3981103389_03f5b56693_o.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。

長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





股関節、腰、膝の長引く『痛み』には、
「心」のあり方が
とても大きく影響しています。





今日は、
私自身への
戒めも込めまして、
お話ししていきます。





突然ですが、
「人間」は、
「機械」ではありません。





「人間」は、
調子の良いときもあれば、
悪いときもあります。





山あり谷ありです。





また、
「人間」は、
「1+1=2」といった、
数式で表せられるものではありません。





あいまいなものだと
思います。





私もそうですし、
あなたもそうですし、
みんなそうなのです。





悩んだり、
失敗したり、
つまづいたりしても、
決して自分を
責めてはいけません。





自分を責めると、
人も責めるようになります。





人を責め始めると、
次は
人から責められまいと
虚勢を張ることになります。





どんどん
息苦しい人生に
なっていきます。





「にんげんだもの」





これは、
書家で詩人の
「相田みつお」さんの
有名な言葉です。





こんな「心」で、
楽に暮らしましょう。





そうすれば、
長引く『痛み』も
落ち着いていくと思います。





「人間」は、
「機械」ではありません。





「人間」は、
「数学」ではありません。





決して、
誤解なさらないようにして下さい。
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2016年01月30日

「心」に力強さを!!


1579728049_d2e01e8496_o.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。

長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





股関節、腰、膝の長引く『痛み』には、
「心」のあり方が
とても大きく影響しています。





「心」に力強さを持っていると、
『痛み』は軽くなり
長引きにくくなると思います。





今日は
「心」に力強さを感じるような、
勇気が湧いてくるお話を
ご紹介します。





みなさま、
自分に足りないと感じるもの、
自分が劣っていると感じるものは、
ありますでしょうか??





もしありましたら、
おそらく、
何かを成し遂げようとするとき、
そのマイナス面が足を引っ張っていると
感じることがあるのではないかと思います。





例えば、
「貧乏だから成功できない」、
「病弱だから成功できない」、
「学歴がないから成功できない」、
など。





実は、
それは、
大きな誤解なのです。





そのマイナス面に対する
捉え方を変えるだけで、
逆にそれらが
大きな武器になります。





その捉え方を変える方法を
ご紹介します。





それは、
言葉を転換していく方法です。





先ほどの例であれば、
「貧乏でも成功できる」、
「病弱でも成功できる」、
「学歴がなくても成功できる」、
と言い換えます。





これで少しは、
マイナス面があっても
成功できそうな気になってくると思います。





さらに次のように
転換させてみると
どうでしょうか。





「貧乏だから成功できる」、
「病弱だから成功できる」、
「学歴がないから成功できる」。





一気に、
マイナス面があっても
成功できそうな気に
なってきませんでしょうか??





勇気が
湧いてきませんでしょうか??





実はこれ、
経営の神様と言われた、
松下電器の創業者、
松下幸之助さんが
言われていた言葉なのだそうです。





松下幸之助さんが、
「成功した理由は何ですか?」
と質問を受けたときに答えた
言葉なのだそうです。





「貧乏だから成功できた」

これは、
貧乏だったから
より豊かになりたいと願い、
高みを目指し続けられた、
ということです。





「病弱だから成功できた」

これは、
病弱だったから
多くの人に
仕事を任せることができた、
ということです。





「学歴がないから成功できた」

これは、
学歴がなかったから
様々な人から
知恵を乞うことができた、
ということです。





このように、
マイナス面は、
実は、
自分にとって
大きな力となるのです。





みなさま、
今日の記事も参考に、
是非「心」に力強さを与えて下さい。





そうすれば、
長引く『痛み』は
より解決に向かいやすくなると思いますよ!
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2016年01月29日

白黒はっきりさせたいですか??


4056078925_53b3408391_o.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。

長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





股関節、腰、膝の長引く『痛み』には、
「心」のあり方が
とても大きく影響しています。





ポジティブな「心」は、
『痛み』を軽くさせ、
ネガティブな「心」は、
『痛み』を強くし長引かせます。





今日は、
ポジティブな「心」になる考え方を
ご紹介します。





まず、
あなたは、
物事に対して
白黒はっきりさせたい方でしょうか??





世の中のことは全て
白と黒に分けられると思っている方も
いらっしゃるかもしれません。





「白か黒か」ということは、
「正しいか正しくないか」
ということです。





「白黒はっきりさせたい」
ということは、
「正しく生きたい」
ということだと思います。





ポジティブな「心」とは、
「楽しさ」や「幸せ」で
満たされている「心」です。





では、
正しく生きると、
楽しくなるでしょうか??





幸せになるでしょうか??





そうではないと思います。





正しく生きたからといって、
楽しくなるわけではありません。





むしろ、
正しく生きている人ほど、
辛くなっていきます。





なぜなら、
正しくないことが
目の前に出てくるたびに、
怒りや恐れ、
「許せない!」という感情が、
溢れてくるからです。





これらの感情は、
ネガティブな「心」を育み、
ポジティブな「心」を
追い払ってしまいます。





したがって、
ポジティブな「心」になるために、
白黒はっきりさせようとするのは、
やめた方が良いと思います。





白と黒の間、
「グレーゾーン」で生きることを
おススメします。





そして、
「グレーゾーン」が広ければ広いほど、
楽しく幸せに
生きられると思います。





ということで
みなさま、
長引く『痛み』を解決させるために、
「グレーゾーン」を
どんどん広げていきましょう!





何かあっても、
力を抜いて、
「まあ、いいか」で
生きていきましょう♪
(^^)/





ちなみに、
「正しいこと」は、
常に相対的なものでしかありません。





そのときの
個人の価値観や状況、
環境や時代によって、
変化していくものです。





そのときに自分が思う
「正しいこと」が、
真に「正しいこと」とは、
限らないのです。





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 心(生き方、人生)と痛み

2016年01月28日

なぜ「マグネシウム鼻うがい」??


022.gif


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。

長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





今日の記事は、
昨日の記事「「マグネシウム鼻うがい」の方法」
お伝えした通り、
「マグネシウム鼻うがい」が、
なぜ様々な症状を
改善させることができるかについて、
お話ししていきます。





私たちの不調は、
ある特定の部位の炎症によって
引き起こされている場合があります。





その例として、
「上咽頭」の炎症があります。





「上咽頭」は、
鼻の奥の突き当りの部分です。





「上咽頭」の炎症は、
次の症状や疾患などに関係があることが
明らかになっているそうです。





鼻炎、

後鼻漏、

咳、

眼痛、

目まい、

耳鳴り、

片頭痛、

肩こり、

関節リウマチ、

IgA腎症、

ネフローゼ症候群、

アトピー性皮膚炎、

掌蹠膿疱症、

潰瘍性大腸炎、

など。





実はこの「上咽頭」、
炎症が起こりやすい部位なのです。





その理由は
いくつかあります。





69023122.jpg



まず、
鼻から吸い込んだ空気は、
「上咽頭」にぶつかって、
そこで方向を下に変えて
肺の方に向かっていきます。





したがって、
空気が強くぶつかる「上咽頭」は、
空気中の細菌やウイルス、
有害物質などの異物によって
汚染されやすい部位なのです。





02.jpg



また、
「上咽頭」の内側には
「咽頭扁桃(アデノイド)」と呼ばれる
リンパ組織があることから、
「上咽頭」が
危険かつ重要な部位であることが分かります。





リンパ組織は、
外敵が深部に侵入するのを
食い止める組織です。





「咽頭扁桃(アデノイド)」は、
「口蓋垂(のどちんこ)」の
後方にあります。





一方、
「上咽頭」は、
「ストレス」に弱い部位です。





「ストレス」があると、
途端に炎症が悪化します。





逆に、
「上咽頭炎」があると、
自律神経のバランスが崩れ、
「ストレス」に対して
弱くなります。





したがって、
「上咽頭炎」と「ストレス」によって、
不調の悪循環が
引き起こされやすくなってしまいます。





このことは、
「上咽頭」が、
「ストレス」の中枢である
脳の「視床下部」に
最も近い場所にあることに
関係していると
言われています。





この「上咽頭炎」が慢性化すると、
周辺組織も
ダメージを受けてしまいます。





すると、
この炎症反応によって、
様々なタンパク質の断片が発生し、
この断片が
さらに炎症を発生させてしまいます。





この「上咽頭」の炎症を
予防したり鎮めたりするためには、
「マグネシウム鼻うがい」が
とても有効なのです。





「マグネシウム鼻うがい」をすることで、
「上咽頭」に付着しやすい
細菌やウイルス、
有害物質やタンパク質の断片を
洗い流すことができ、
「マグネシウム」の経粘膜吸収により
「上咽頭」の炎症を鎮めることが
期待できるのです。





その結果、
「上咽頭」の炎症に由来する
様々な症状や疾患が
改善されていくのです。





それが、
股関節、腰、膝の長引く『痛み』の解決に
繋がっていくのです。





みなさま、
「マグネシウム鼻うがい」は、
ホントにおススメです!





是非チャレンジしてみて下さいね!
(^o^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

2016年01月27日

「マグネシウム鼻うがい」の方法


620045-s11.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。

長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





今日は昨日の記事
「「マグネシウム鼻うがい」でスッキリ!」の続きです。





昨日お伝えした通り、
「マグネシウム鼻うがい」の方法について
お話しします。
(^^)/





「鼻うがい」の方法や使う道具には、
いろいろあるようですが、
私は、
杏林予防医学研究所所長の
山田豊文先生に教えて頂いた方法で
行っています。





私は、
先月受講させて頂いた、
杏林予防医学研究所アカデミー上級講座で
山田豊文先生から頂いた
「ハナクリーンS」(上の画像)
という鼻洗浄器を使っています。





「ハナクリーンS」の詳細はこちら↓
http://www.hana-clean.com/products/hana_3.html





この鼻洗浄器に「水」を入れて、
鼻の奥の「上咽頭」を
洗い流します。





このとき使う「水」に
「マグネシウム」を
溶かしておきます。





その量は、
「水」150mlに
「超高濃度マグネシウム」を
5〜10滴ほどです。





「超高濃度マグネシウム」の詳細はこちら↓
http://www.nu-science.co.jp/productgroup/%e8%b6%85%e9%ab%98%e6%bf%83%e5%ba%a6%e3%83%9e%e3%82%b0%e3%83%8d%e3%82%b7%e3%82%a6%e3%83%a0/





このマグネシウム溶液で
鼻うがいをするのですが、
このとき使う「水」には、
次の注意点があります。





1.「生理食塩水」を使う

2.「水道水」をそのまま使ってはダメ





1.「生理食塩水」について


ただの「水」のまま鼻うがいをすると、
鼻が「ツーン」としてしまい、
痛みや不快感が出てしまいます。





この「ツーン」を防ぐには、
「生理食塩水」を使う必要があります。





「生理食塩水」は、
現在は「処方薬」という扱いなので、
購入するには
医師が作成する「処方箋」が必要で、
手軽には入手できません。





しかし、
「生理食塩水」は
自分で作ることもできます。





「生理食塩水」は、
0.9%の「食塩水」です。





ですので、
例えば、
1リットルの「水」に
9gの「塩」を溶かせば、
「生理食塩水」となります。





これを使って鼻うがいをすれば、
「ツーン」はなくなります。





ちなみに、
「ハナクリーンS」には、
専用の洗浄剤「サーレ」というものが
10包だけ付属されており、
これを使っても
「ツーン」はなくなります。





2.「水道水」について


鼻うがい用の「水」に、
「水道水」を
そのまま使ってはいけません。





「水道水」には、
消毒や殺菌のために使われている
「塩素」が残っていたり、
様々な「微生物」が含まれていたりします。





この「塩素」や「微生物」が
「上咽頭」で“悪さ”をして、
体調を悪くさせてしまう
可能性があります。





それを防ぐために、
「水道水」を煮沸します。





強火でなくても良いので、
15分は煮沸させた方が
良いようです。





その煮沸させた「水道水」を
冷まして使います。





今回お伝えした、
鼻うがいに使う「水」の注意点については、
下記のページなどを参考にしています。
http://www.geocities.co.jp/Beautycare-Venus/6468/seisyoku_tukurikata.html





「マグネシウム鼻うがい」は、
「上咽頭」を洗浄して、
そこの粘膜から
「マグネシウム」を吸収させることで、
様々な症状を
改善させることが
できるようです。





それが、
股関節、腰、膝の長引く『痛み』の解決にも
繋がっていきます。





明日の記事では、
「マグネシウム鼻うがい」が、
なぜ様々な症状を
改善させることができるかについて、
お話ししていこうと思います。
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら