2015年12月31日

イッツ・ア・スモールワールド!!


DSC_0787.JPG


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。

長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





今日は12月31日、
2015年最後の日ですね。





DSC_0775.JPG



私は、
12月29日(火)に、
「東京ディズニーランド」に行ってきました。





私は、
ディズニーランドには、
ほとんど興味がなかったのですが、
家族の希望もあって
行ってきました。
(^_^;)





中学生時代の修学旅行以来で、
約30年ぶりでした。





入場してみると、
あまりもの人の多さと
レストランやアトラクションの長蛇の列に、
げんなりしてしまいました。。。
(>_<)





DSC_0790.JPG



DSC_0856.JPG



DSC_0871.JPG



しかし!

アトラクションの
「イッツ・ア・スモールワールド」、

パレードの
「ハピネス・イズ・ヒア」、

プロジェクションマッピングの
「ワンス・アポン・ア・タイム」、

感動しました♪♪
(^o^)/





特に、
「イッツ・ア・スモールワールド」は、
少し涙ぐんでしまいました。
(^_^;)





「人はみんな、
 こんな笑顔がいっぱいの世界を
 望んでいるはずなのにな。。。」





なのに、
周りでは
大小様々な争いが
絶えません。





家庭や職場での険悪な雰囲気から、
戦争やテロまで。





みんな笑顔を望んでいるはずなのに、
なぜそんなことが起こるのでしょうか??





理由は様々だと思います。





私は決心しています。





そのような争いの世界とは
無縁の世界で暮らそうと。





ですので私は、
そのような争いを
“意識して”
意識しないようにしています。





自転車で電柱にぶつかりそうになるとき、
電柱を見続けていると
確実に電柱にぶつかります。





これと同じことです。





争いを見続けていると
争いに巻き込まれます。





股関節、腰、膝の『痛み』も同じで、
『痛み』を気にし続けていると、
『痛み』は長引いていきます。





DSC_0803.JPG



話がそれましたが、
とにかく
「イッツ・ア・スモールワールド」は
素晴らしかったです!





私は「イッツ・ア・スモールワールド」の世界で
暮らしていこうと思います。
(^^)/





そして、
多くの方を無駄な『痛み』から救い、
「幸せ」へ導かせて頂きたいと思っています。
(^o^)/





DSC_0868.JPG



最後に、
「イッツ・ア・スモールワールド」のテーマ曲の
歌詞と音楽をお届けします。


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【原曲】
 It's a world of laughter
 A world of tears
 It's a world of hopes
 And a world of fears
 There's so much that we share
 That it's time we're aware
 It's a small world after all


 There is just one moon And one golden sun
 And a smile means
 Friendship to ev'ryone
 Though the mountains divide
 And the oceans are wide
 It's a small world after all


 It's a small world after all
 It's a small world after all
 It's a small world after all
 It's a small, small world



【日本語バージョン】
 世界中 だれだって
 ほほえめば 仲良しさ
 みんな 輪になり
 手をつなごう
 小さな世界

 世界中 どこだって
 笑いあり 涙あり
 みんな それぞれ
 助け合う
 小さな世界

 世界はせまい
 世界はおなじ
 世界はまるい
 ただ ひとつ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



曲:「イッツ・ア・スモールワールド」
  【日本語バージョン】






曲:「イッツ・ア・スモールワールド」
  【東京ディズニーランド ライドスルー音楽】






DSC_0874.JPG



来たる2016年も、
みなさまの股関節、腰、膝の長引く『痛み』が
いち早く解決することを
心よりお祈り致しております!
(^^)/

良いお年を〜!





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年12月30日

炎症症状の理由


2260970300_691d544003_o.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。

長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





昨日の記事
「「自然治癒力」と「炎症」」では、
「「炎症」を抑え込もうとするのは、
 「炎症」の症状が生じる理由を
 知らないからだと思います」
とお話ししました。





今日は、
「炎症」の症状が生じる理由を
お話ししていきます。





まず、
細胞や組織が、
ウイルスや細菌、毒素によって
汚染された場合、
汚染部位の殺菌や解毒は、
血液中に存在する
「白血球」によって
行われます。





また、
組織が損傷された場合も同様に、
「白血球」によって、
損傷された細胞の残骸や
進入してきた細菌の除去が
行われます。





この「白血球」の働きは、
温度によって変化します。





ある程度の高温になったときに
活発に働きます。





そのため、
ウイルスや細菌に感染したときは
全身の体温が上がったり、
組織が損傷されたときは
損傷部位が熱を持ったり
するのです。





これが「炎症」時に
熱を持つ理由です。





組織が損傷された場合、
損傷された細胞や血管から
「炎症」に関与する
化学伝達物質が
放出されます。





この化学伝達物質は、
損傷部の毛細血管を拡張させ、
損傷部の血流量を増加させます。





化学伝達物質によって、
損傷部の毛細血管が拡張すると、
毛細血管の透過性が高まります。





すると、
血液が毛細血管から滲出し、
損傷部に溜まっていきます。





このように、
損傷部の血流量が増加し、
毛細血管の透過性が高まることで、
「白血球」が血管外へ出て、
損傷された組織に向かい、
損傷された細胞の残骸や
進入してきた細菌を
除去していきます。





この時生じる
血流量の増加が、
「炎症」時に
熱を持って赤くなる理由です。





そして、
血液の損傷部の貯留が、
「炎症」時に
腫れる理由です。





「炎症」に関与する
化学伝達物質には、
『痛み』を生じさせるものがあります。





これが「炎症」時に
『痛み』が生じる理由です。





以上が
「炎症」の症状が生じる
理由です。





このことから、
「炎症」の症状を
抑え込んではいけないことは、
明白です。





ウイルスや細菌の感染や
組織の損傷は、
上述した「炎症反応」が
十分に行われて、
初めて「治癒」していくのです。





では、
この「炎症」の症状を
抑え込むために行われる
身近な治療には、
どのようなものがあるでしょうか??





また、
その治療を行うと、
どのようなことが
生じるでしょうか??





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛み情報

2015年12月29日

「自然治癒力」と「炎症」


2545331599_0ec4f3ff5d_o.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。

長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





私がこれまで
何度もお話ししているように、
長引く『痛み』を解決させるのは、
「薬」でも「病院」でもなく、
私たちが持っている
「自然治癒力」です。





「病気」や「怪我」も
同じです。





「自然治癒力」を
信じることが出来ないと、
症状は長引いていきます。





例えば、
長引く『痛み』の発生要因となりかねない
「炎症」について。





体の組織が損傷すると、
必ず「炎症」が生じます。





「炎症」は、
損傷された組織が「治癒」するには、
元通りに修復されるには、
必要な現象です。





「炎症」が生じると、
熱を持ち、
腫れて、
赤くなり、
『痛み』が出ます。





これらの症状は、
「治癒」のためには、
必要なものなのです。





それを知らない人は、
これらの症状を
抑え込もうとしてしまいます。





これらの症状を
抑え込んでしまうということは、
「治癒」へ向かわせるための
「炎症」という大切なプロセスを、
滞らせてしまう、
ということなのです。





つまり、
これらの症状を抑え込むと、
治りが遅くなる、
ということなのです。





これらの症状を抑えると、
体感的には、
外観的には、
治ってきたように思えますが、
実は、
治りを遅めているのです。





そして、
治りが遅くなるので、
結果的に「炎症」が長引き、
これらの症状が
長引いていきます。





要は、
「炎症」の症状こそが、
「自然治癒力」なのです。





これを信じることが出来ない人は、
症状が長引いていくのです。





『痛み』が
長引いていきかねないのです。





では、
なぜ信じることが
出来ないのでしょうか??





それは、
「炎症」の症状が生じる理由を
知らないからだと思います。





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛み情報

2015年12月28日

簡単な立ち方練習〜「壁立ち」


ph12.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。

長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





みなさま、
「良い立ち方」とは、
どのような立ち方だと
思いますか??





私が考える
健康にとって
「良い立ち方」は、
足から頭まで
骨の上に骨がバランス良く載って、
できるだけ
全身の力が抜けている状態です。





みなさま、
「壁立ち」というものを
ご存知でしょうか??





これは、
かかと、
お尻、
肩甲骨、
頭を、
壁にくっつけて立つ
立ち方です。





この立ち方が
健康にとって良いかどうかは、
賛否両論あるようです。





1ヶ月ほど前、
勤務先の病院で、
マナー研修がありました。





そのときの講師の先生の
立っている姿勢が、
あまりにも綺麗だったので、
研修後に質問しました。





「立ち方が綺麗ですが、
 何か心がけていることは
 ありますか?」





「壁に体をつけて立つ
 練習をしていて、
 常にそれをイメージして
 立っています。」





マナーの先生は、
「壁立ち」をしていたのです。





私は、
見た目に良い立ち方と、
健康にとって良い立ち方は、
必ずしも同じではないと
考えています。





しかし、
マナーの先生の立ち方の
あまりにもの綺麗さに、
真似したくなってしまいました。(笑)





翌日から私は、
「壁立ち」を
練習してみました。





「壁立ち」は、
私にとって、
とても違和感がありました。





背中から頭までを
無理矢理後ろに
引いている感じでした。





その状態で2分ほどキープし、
壁から離れました。





すると意外にも、
骨の上に骨が
きちんと載っている感覚が
強くなっていました。





「この練習は、使える!!」





私はこう思いました。





私はこの「壁立ち」を、
私流に次のようにアレンジして
練習しました。





1.膝はピンと張らずに力を抜く
  (膝は少し曲がった状態となり、
   ふくらはぎは壁から離れます)





2.腰の反り加減は、
  手首がギリギリ入る状態
  (反り過ぎてはいけない)





3.頭のてっぺんは宇宙の彼方に、
  くるぶしの真下は地球の中心に
  引っ張られている感覚を持ちながら、
  全身の力を抜く





私は毎日のように
この練習をし、
約1ヶ月が経ちました。





すると、
以前より、
楽にしっかりと
立っていられるように
なりました♪♪





この練習法が、
全ての方にとって
良い結果となるかは
分かりませんが、
チャレンジしてみる価値は
あると思います!





是非ご参考になさって下さい。





ポイントは、
「壁立ち」をしながら、
全身の力を抜くことです。
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩き方(姿勢、立ち方)

2015年12月27日

最も安くて効果的な治療法とは


116382077_abdd1b3088_o.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。

長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





みなさま、
股関節、腰、膝の長引く『痛み』の、
最も安くて
確実に治る治療法とは、
何でしょうか??





痛み止めの薬??





湿布??





マッサージ??





手術??





私は、
どれも違うと思います。





最も安くて
確実に治る治療法は、
「知識」です。





「知識」といっても、
「〜法」などといった、
治療方法の「知識」ではありません。





『痛み』についての
根本的な「知識」です。





『痛み』は
なぜ発生するのか。





『痛み』は
なぜ長引くのか。





『痛み』についての
原理原則を
知ることです。





知っていれば、
『痛み』の治し方は、
自ずと分かります。





知っていれば、
『痛み』を恐れなくなり、
心因性の『痛み』は
解消されていきます。





知っていれば、
無駄な治療費を払う必要が
なくなります。





みなさま、
なぜ『痛み』が出るのか、
なぜ『痛み』が長引くのか、
知っていますか??





股関節、腰、膝の長引く『痛み』に
お困りのみなさま、
是非
『痛み』の根本的な「知識」、
原理原則を、
学んで下さい!!





私が開催している「痛みセミナー」では、
これらのことを
お話ししていきます。





長引く『痛み』を本当に解決させたい方、
『Feuno』のセミナーに
参加されることを
おススメします。
(^^)/





次回の「痛みセミナー」は、
2016年1月23日(土)14:10〜15:10に
開催致します。





以下に「痛みセミナー」の詳細をお知らせします。
(^^)/





【「痛みセミナー」のお知らせ】


2016年1月23日(土)14:10〜15:10、
「痛みセミナー
 〜痛みって、どうしたら良くなるの??」を
開催します!(^^)/


これまでも
メルマガやブログでお話ししているように、
股関節、腰、膝の長引く『痛み』には、
様々な要因が関与しています。


ですので、
ある治療や施術を受けても、
的が外れていれば、
『痛み』は良くなりません。


このような場合、
「何で痛みが良くならないのだろう・・・」
と不安になります。


そして、
この「不安感」が、
『痛み』をさらに強くしていきます。


『痛み』には、
必ず理由があります。


『痛み』の理由を知れば、
『痛み』は怖くなくなり、
不安もなくなります。


このセミナーでは、
『痛み』についての基礎的な知識を、
私自身の『痛み』経験も交えて、
みなさまと一緒に勉強していきます。


なぜ『痛み』が出るのか、
なぜ『痛み』が長引くのか、
『痛み』の意味は何なのか、
『痛み』はどうしたら解決するのか、
などを勉強していきます。


『痛み』を知って、
活き活きとした人生を取り戻しましょう!
(^^)/


日時:2016年1月23日(土)
   14:10〜15:10
   ※開場:14:00


場所:名古屋市東区の「千種駅」から徒歩数分
   レンタルサロン「roomCREA」5Fの「room C」


参加費:1,500円
    ※お釣りのないようご用意下さい


定員:先着6名


持ち物:筆記用具、
    クリップボードや下敷き(机を使わないので)





参加希望の方は、
『Feuno』までご連絡下さい。


電話:080-4845-3621

メール:mail@feuno.com





みなさまのご参加を、
心よりお待ち致しております。
(^o^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛み情報