2015年09月30日

昔の大気は「二酸化炭素」ばかり


sky_00098.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。

長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





今日は、
昨日の記事「「月」と「季節」の影響」の続きです。





長引く『痛み』の原因の一つは、
「細胞」の機能不全です。





「細胞」の機能を知るには、
「細胞」の起源を知る必要があります。





昨日は、
「地球」に大きな「惑星」が衝突したことによって
「月」と「季節」ができ、
それらが地球の生命に
大きく影響しているということを
お話ししました。





今日は、
「地球」の「大気」についての
お話しです。





「地球」ができたころの「大気」は、
主に「水素」や「ヘリウム」でした。





これらの元素は軽いため、
「太陽風」によって、
徐々に宇宙空間に
吹き飛ばされていきました。





「太陽風」とは、
太陽から吹き出す極めて高温の粒子のことで、
地球に届くころの速さは、
平均約450 km/sという
とても速いスピードです。





吹き飛ばされた「水素」や「ヘリウム」に代わって
別の元素が大気を占めるようになりました。





それは、
火山から噴出した元素です。





その多くは
「二酸化炭素」です。





その他には、
「窒素」、
「メタン」、
「アンモニア」
などです。





また、
「水蒸気」も
大量に噴出しました。





つまり、
昔の「地球」の「大気」は、
今とはずいぶん異なり、
ほとんど「二酸化炭素」だったのです。





ちなみに、
「地球」に
生命が存在できるような「大気」があるのは、
「地球」の大きさが、
程良い大きさだからです。





これより小さいと、
「重力」が小さくなり、
「大気」は宇宙空間に
逃げていってしまいます。





これより大きいと、
「重力」が大きくなり、
「大気」には
軽い元素である「水素」が
多く留まるようになり、
生命は誕生できなくなります。





例えば、
「地球」より小さい「月」には
「大気」が全くないですし、
「地球」より大きい
「木星」などの「大気」は、
「水素」が主成分です。





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛み情報

2015年09月29日

「月」と「季節」の影響


20121210221048.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。

長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





今日は、
一昨日の記事「「地球」と「月」の誕生」
続きです。





長引く『痛み』の原因の一つは、
「細胞」の機能不全です。





「細胞」の機能を知るには、
「細胞」の起源を知る必要があります。





一昨日は、
「地球」と「月」が生まれたいきさつを
お話ししました。





そして、
「地球」への大きな「惑星」の衝突が、
たくさんの「生命」が存在する
現在の「地球」になるための、
とても“重要な出来事”だと
お話ししました。





私たち「人間」や「細胞」は、
この“重要な出来事”による影響を受けながら
生きています。





今日は、
なぜ“重要な出来事”であるのかを、
2つお話ししていきます。





1.「月」ができた


「月」ができたことで、
1日が約24時間になりました。





「月」ができる前の1日は、
もっと短くて、
今の4分の1程度でした。





「月」があるお陰で、
「地球」は安定して
「公転」や「自転」ができるようになりました。





「公転」とは、
ある星の周りを
別の星が円や楕円を描いて
回っていることです。





「地球」は
「太陽」を中心に
「公転」しています。





「自転」とは、
星がコマのように
回転していることです。





以上のような「月」の影響は、
「月」の「重力」の作用によるものです。





この「月」の「重力」は、
「地球」そのものだけではなく、
私たち「人間」も含めた全ての生き物にも、
その構成物である「細胞」にも、
作用しています。




したがって、
「地球」の動物の産卵や出産、
「人間」の生理的活動や精神的活動も、
「月」の影響を受け続けているのです。





2.「季節」ができた


大きな「惑星」の衝突によって、
「地球」の地軸(自転軸)が、
公転軸に対して、
約23.4°傾きました。





この「23.4°」という角度が、
「地球」に絶妙な「季節変化」を
生み出しています。





それによって、
様々な生き物が生まれました。




多くの生き物は、
この「季節変化」に対応するため、
「ホルモン」を変動させるなどして、
環境に適応して生活しています。





私たち「人間」も同様です。





したがって、
私たち「人間」や「細胞」は、
「季節変化」の影響を受け続けている
ということです。





この「季節変化」に対応しながら
体の機能を調節して生活することが
生き物にとっては自然なことなのですが、
それに反して、
私たち「人間」は、
「季節変化」を感じにくい空間で
生活するようになったことで、
「熱中症」などの様々な疾患を
患うようになってしまいました。





つまり、
「人間」にとっても
「細胞」にとっても、
「季節変化」を感じながら生活することは、
健康にとって、
とても大切なことなのです。





ちなみに、
私たちの豊かな文化は、
この「季節変化」があってこそ
生み出されたものです。





以上のように、
「地球」への大きな「惑星」の衝突は、
「月」と「季節」を生み出し、
私たち「人間」や「細胞」は、
それらの影響を受けながら
それらに適応しながら
生きている、
ということなのです。





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛み情報

2015年09月28日

学会に参加して思ったこと


DSC_0282150926.JPG


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。

長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





9月26日(土)、27日(日)と、
「第20回日本ペインリハビリテーション学会学術大会」
に参加してきました。





ここでは、
長引く『痛み』に関する
最新の知見を得ることができました。





ここ数年、
長引く『痛み』に関して
日本で注目されているものは、
「心理・社会的な痛み」です。





これは、
組織損傷そのものではなく、
心理的、社会的な要因が、
『痛み』を長引かせている可能性が高い
ということです。





このことは、
欧米では10年以上も前から
広まっている概念です。





つまり、
日本の『痛み』治療は、
遅れているようです。





この概念での治療は、
「痛みが完全に消えなくても
 楽しく生活することは
 可能ですよ」
というスタンスで行われます。





「『痛み』を
 あまり重要視しない「生き方」に
 変えていきましょう」
ということです。





長引く『痛み』に困っている方が、
この概念を
しっかり理解し認識することは、
とても重要だと思います。





なぜなら、
自分の価値観を
そのように変えることそのものが、
『痛み』改善に
直接的に繋がるからです。





要は、
「ポジティブ思考」にさせる
概念だからです。






この概念が、
日本の『痛み』治療の現場に
いち早く広まることを
切に願います。





私も
広まるように
活動していきます。





ただ、
長引く『痛み』経験者として
この話を聞いていると、

「そうは言っても、
 やっぱり『痛み』は
 なくなって欲しいよな〜」

とも思いました。





この学会は、
「西洋医学」の学会です。





「西洋医学」の世界では、
長引く『痛み』は
完全には治りにくい、
ということになっています。





実は、
医学や医療、健康法は、
「西洋医学」が全てではありません。





「西洋医学」は、
全ての医学や医療の中の
一つに過ぎません。





つまり、
「西洋医学」では
治すことができない『痛み』でも、
他の医学や医療では、
治せる可能性があるのです。






ここも
重要なポイントです。





今日は、
長引く『痛み』改善について、
重要なことを2つ
お話ししました。





1.心理・社会的な痛みを理解認識すること

2.西洋医学が全てではないと知ること






みなさま、
このことは
是非知っておいて下さいね!
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛み情報

2015年09月27日

「地球」と「月」の誕生


earth-and-moon-formed-120million-years-later-than-previously-thought.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。

長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





今日は、
昨日の記事「「細胞」と「宇宙」の始まり」
続きです。





長引く『痛み』の原因の一つは、
「細胞」の機能不全です。





「細胞」の機能を知るには、
「細胞」の起源を知る必要があります。





それは、
「宇宙」の始まりまで
さかのぼります。





「宇宙」は、
約138億年前に突然起こった大爆発、
「ビッグバン」で生まれました。





そのとき、
「元素」が生まれました。





この「元素」のある空間が、
「宇宙」です。





「宇宙」は、
現在も膨張し続けています。





「宇宙」にある「元素」は、
至る所で集まり、
それが凝集して
「星」が生まれました。





その「星」の一つが、
「太陽」です。





「太陽」は、
約46億年前に生まれました。





「太陽」の周りには、
寿命を迎えた他の「星」が残骸が
無数に散らばっていました。





その残骸が
互いの引力によって
ぶつかり合ってできたものが、
「地球」です。





「地球」ができてしばらくして、
「地球」に大きな「惑星」が
衝突しました。





その衝撃によって飛び散った
「地球」と「惑星」の破片が集まって、
冷えて固まったものが
「月」です。





このとき、
1日が約24時間になりました。





この
「地球」への大きな「惑星」の衝突が、
たくさんの「生命」が存在する
現在の「地球」になるための、
とても重要な出来事でした。






つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛み情報

2015年09月26日

「細胞」と「宇宙」の始まり


freeimages_00004.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。

長引く『痛み』は、
「歩き方」と「ファスティング」で根本解決!!


名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





これまでお話ししているように、
『痛み』が長引く大きな原因の一つに、
「細胞」の機能不全があります。





その理由は、
私たちは
「細胞」でできているからです。





では、
その「細胞」は、
どのようにして
できたのでしょうか??





今回からしばらく、
「杏林予防医学研究所」所長の
山田豊文先生に教えて頂いたことを参考に、
「細胞」の起源をお話ししていこうと思います。





私たちの「細胞」は
どのようにしてできたのか??





ずーっとさかのぼれば、
「宇宙」の始まり、
「ビッグバン」が起こったことで、
「細胞」が生まれることに
なりました。





いきなり「宇宙」という言葉が出てきて、
ピンとこない方もいらっしゃると思いますが、
「細胞」と「宇宙」の繋がりを
何回かに渡って説明していきます。





私たちが暮らしている世界は、
約138億年前に起こった、
「ビッグバン」が始まりだと
考えられています。





それは、
何もない空間に
突然起こりました。





そのときに、
「元素」が発生し、
その「元素」が存在する空間が
「宇宙」なのです。





ちなみに、
この「宇宙」は、
今現在も
膨張し続けています。





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛み情報