2015年08月31日

『痛み』を消したらダメ!!


quiz_man_batsu.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





『痛み』について、
多くの方が
誤解しているように
思います。





「『痛み』は、良くないもの」





このように考えている方が
多いように思います。





確かに、
『痛み』は
不快な感情を引き起こしますので、
「良くないもの」と考えたくなると
思います。





しかし、
『痛み』の本来の意味を
考えてみて下さい。





『痛み』は、
体の異常を知らせる
「警告信号」

なのです。





『痛み』がなければ、
体の異常に気づかず、
早くに死んでしまう可能性が
高いです。





「先天性無痛無汗症」という
難病があります。





これは
生まれながらにして
『痛み』を感じなかったり、
汗をかかなかったりする、
障害です。





この難病の患者様は、
傷や骨折に気づかず、
治療が遅れて
重大な感染症になったり
骨が変形したままになったりします。





また、
気づかないうちに
舌を噛み切ったりしてしまいます。





つまり、
私たちは、
『痛み』があるおかげで、
健康でいられるのです。





『痛み』があると、

「この『痛み』を早く消して欲しい!」

と思ってしまいますが、
『痛み』を消してしまっては
ダメなのです。





『痛み』を消すのではなく、
『痛み』の原因に目を向けて
その原因を消すべきなのです。






『痛み』を何とかして欲しいと願って、
『痛み』を麻痺させることばかりしていては
ダメなのです。





『痛み』を
早く消したかったら、
『痛み』の原因を
早く消しましょう!!
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 痛み情報

2015年08月30日

「扁平足」と「立ち方」の関係


footm.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





昨日の記事では、
立っているときに
足の前の方に体重をかけていると
「扁平足」になると
お話しました。


このとき、
足には、
どのようなことが
起こっているのでしょうか??





私たちの足は、
足関節(足首の関節)から
前にも後ろにも
骨が出ているのを
ご存知でしょうか??(上画像)




見た目の印象から、
足首から前の方だけに
骨があるように
思ってしまうかもしれません。


足は、
「L字型」だと
思ってしまうかもしれません。





足は
「L字型」ではなくて、
「逆T字型」なのです。





footboneu.jpg

画像1:右足を上から見た図



そして、
足首から前の方には、
細かい骨がたくさんありますが、
後の方にはあまりありません。





足首の真下には、
「距骨」という骨があり、
その骨から前と後ろに
様々な骨が連なっています。





「距骨」から前にある骨の数は、
24個、
「距骨」から後にある骨の数は、
1個です。





footbonem.jpg

画像2:右足を内側から見た図



「距骨」から前にある骨は、
つま先に向かって連なっています。


この中で、
「土踏まず」に関係している骨は、
足の指の骨を除いた10個です。




「距骨」から後にある骨は、
「踵骨」と呼ばれ、
「距骨」の真下から
斜め後方へ伸びています。





footm.jpg

画像3:右足を内側から見た図(靱帯、関節包あり)



footl.jpg

画像4:右足を外側から見た図(靱帯、関節包あり)



各骨は、
「靱帯」や「関節包」という、
硬いゴムのようなもので
繋がっています。





ここで想像して下さい。





足首の真下の「距骨」から
前の方に連なっている10個の骨が
硬いゴムで繋げられて形作られている
「土踏まず」のアーチに、
上から力を加え続けると
どうなるでしょうか??





硬いゴムが伸びてしまって、
「土踏まず」のアーチは、
潰れてしまいます。





そして、
上から力を加える場所が
前の方であればあるほど、
「土踏まず」のアーチは
潰れやすくなります。





「扁平足」で起こっていることは、
このようなことだと思います。





一方、
足首から後に
上から力を加え続けても、
「踵骨」という一つの硬い骨が
その力を受け止めるため、
「土踏まず」のアーチが
潰れることはありません。





ここ最近の「土踏まず」の記事で、
何が言いたかったのかというと、
「扁平足」の方は、
立っているときの重心線が、
足首より随分前にある
ということが分かる

ということです。





立っているときの重心線が、
足首の中心を通っているときが、
理想的な「立ち方」です。





「扁平足」の方は、
理想的な「立ち方」からは
大きくかけ離れている

ということです。





つまり、
「土踏まず」が
なくなるということは、
正しい身体の使い方が
できていない証なのです。





「扁平足」でお困りの方、
是非このことを
ご理解下さい〜!
(^^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら
解剖図:Michael Schünke 他:プロメテウス解剖学アトラス 解剖学総論/運動器系,医学書院.2007.

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩き方(姿勢、立ち方)

2015年08月29日

「扁平足」の原因


xf1275019463l.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





一昨日の記事では、
「歩き方指導」を希望されている方の
「土踏まず」がなくなっている
とお話ししました。


「土踏まず」がなくなるということは、
正しい身体の使い方が
できていない証と
お伝えしました。





なぜでしょうか??





「土踏まず」がなくなっている状態は、
「扁平足」と呼ばれています。





「扁平足」の原因は
何でしょうか??





私はこう考えています。





立っているときの
体の「重心線」が、
足の前の方にあるため。





体重を
足の前の方にかけていることが
「扁平足」の原因だと
考えています。







みなさま、
次の実験をしてみて下さい。





立って
足の裏を床に着けた状態で、
体重を
踵側にかけたときと、
つま先側にかけたときで、
「土踏まず」の高さを
確認してみましょう。





どちらの方が、
「土踏まず」が
潰れるでしょうか??





おそらく、
つま先側、
足の前の方に
体重をかけた方が、
潰れると思います。





この実験結果から
分かるように、
「土踏まず」は、
体重を
足の前の方にかけると
潰れていきます。


この状態が何年も続いていると、
「土踏まず」がなくなり、
「扁平足」になることは、
容易に想像できます。





このとき、
足には、
どのようなことが
起こっているのでしょうか??





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら
写真提供:ペイレスイメージズ

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩き方(姿勢、立ち方)

2015年08月28日

「スパイスの秘境」〜美味しいカレー!!


DSC_0570.JPG


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





突然ですがみなさま、
美味しいものを食べているときは、
『痛み』も忘れてしまうと思います。


ということで今日は、
私が大好きなカレー屋さんを
ご紹介します。
(^^)/





DSC_0568.JPG



それは、
名古屋市営地下鉄「鶴舞線」の
「杁中」駅の近くにある、
「スパイスの秘境」です!


インド人の料理長が作る、
本格インドカレーです。





DSC_0687.JPG



私は、
特にグルメという訳ではないのですが、
ここのカレーは、
特別な味がします。


「まろやか」でありながら、
「スパイシー」なのです。





とても体に良さそうな味がします。


いくら食べても
食べ飽きない美味しさです!!


「ナン」もボリュームがあって美味しいです♪





DSC_0693.JPG



そして、
「ラッシー」というドリンクが、
またまた美味い!!


「ラッシー」は、
ヨーグルトのような
カルピスのような
ドリンクです。





chef.jpg

画像は「スパイスの秘境」ホームページより



料理長の「シング」さんも、
とても良い味を醸し出しています。


基本的に無口ですが、
ときどき喋る日本語に、
人柄の良さが滲み出ています。


この「シング」さん、
なんと、
私が生まれた翌日に
生まれているのです!


生年月日が1日違いなのです。


不思議なご縁を感じます。
(^^)/





また、
オーナーの女性も、
高貴な雰囲気なのですが
とても朗らかで話しやすく、
実に様々なことを
お話ししてくれます。


様々な業界の一流の方々とも
お付き合いがあるようで、
少しお話しを聞くだけで
多くの学びを得ることができます。





DSC_0008.JPG



この「スパイスの秘境」は、
「レトルトカレー」も販売しているのですが、
そのお値段は、
1人前で、
なんと、
950円です!!


で、
私は食べたことがあるのですが、
お店で食べるカレーと同様に、
これまた美味しいのです!!


その値段の価値はある
「レトルトカレー」だと思います。


特別な人へのプレゼントに、
良いと思います。
(^^)/





カレー好きのみなさま、
一度「スパイスの秘境」で
カレーを召し上がってみては
いかがでしょうか??


『痛み』を忘れてしまうぐらい
美味しいカレーです。


おススメですよ〜!!
(^o^)/





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記

2015年08月27日

広まれ!「正しい歩き方」


xf0745006893l.jpg


 痛み気にせず、

 力を抜いて、

 楽に歩いて、

 手術いらず!



おはようございます。
名古屋『Feuno』ふなこしです。(^^)





先日、
「歩き方指導」のみを
希望される方が
いらっしゃいました。


私は、
この方とお会いしたことで、
『Feuno』の活動に対する意識が、
良い方向へ
大きく変わりました。





この方は、
愛知県の豊田市に在住の
50代の女性です。


10年ほど前から
ただ歩くだけで
足から腰にかけて
ところどころ『痛み』が出るように
なってしまったそうです。





そして、
歩くことが
嫌いになってしまった
そうです。





先月に突然、
激しい腰の『痛み』が出たことをきっかけに、
通っている整体院の先生のアドバイスもあって、
「正しい歩き方」を
身につけたいと
思ったそうです。


近郊で
「正しい歩き方」を指導してくれるところを
インターネットで調べたそうですが、
美容として
「綺麗な歩き方」を指導しているところが
ほとんどだったそうです。





「「正しい歩き方」を
 指導してくれるところは、
 東京にはあるかもしれないけど、
 名古屋にはないかも・・・」

と思っていたところ、
ようやく『Feuno』に
たどり着いたそうです。





私はこう思いました。





「「綺麗な歩き方」ではなく、
 体にとって良い
 「正しい歩き方」を
 知りたい人がいるのに、
 その情報を得ることが難しい現状を
 何とかしないと!」






この方が『Feuno』にいらっしゃったことで、
体にとって「正しい歩き方」を
多くの方に知って頂くために、
もっと積極的に
世間に働きかけていこうと
強く思いました!!


今後、
外に向かって
どんどん活動していきますので、
どうぞよろしくお願い致します!
(^^)/





さて、
この方、
「正しい歩き方」を
身につけたいとのことでしたが、
この方の足は、
「土踏まず」が
ほとんどなくなっていました。


「土踏まず」が
なくなるということは、
「正しい身体の使い方」ができていない
証です。


それは、
なぜでしょうか??





つづく・・・





blogicon.png
股関節、腰、膝の痛みセラピー
『Feuno/フーノ』
ホームページはこちら
写真提供:ペイレスイメージズ

posted by ふなこしのりひろ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 歩き方(姿勢、立ち方)